暮らしのコト

麺は口ほどにものを言う~ご当地ヌードル探訪~

10分で打てるこねないうどん 埼玉県ときがわ町の「一膳取り もろやま華うどん」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

日本各地に根付いた「麺料理」を求めて、全国を巡る「ご当地ヌードル探訪」。今回は埼玉県比企郡のときがわ町へやってきました。JR八高線明覚駅で下車し、町を流れる清らかな都幾川に沿ってのどかな景観を歩いていきます。

趣のあるログハウス風の造りのJR明覚駅。関東の駅百選に認定されています。

趣のあるログハウス風の造りのJR明覚駅。関東の駅百選に認定されています。

緑色の岩石で形成された都幾川の三波渓谷。神秘的な雰囲気を求めてコスプレの撮影に訪れる人もいるとか。

緑色の岩石で形成された都幾川の三波渓谷。神秘的な雰囲気を求めてコスプレの撮影に訪れる人もいるとか。

目指すは町の中央部に位置するカフェ「菜の花茶論」。この店で月に2日間だけ提供されている、常識破りの手打ちうどんが「一膳取り もろやま華うどん」です。手打ちうどんを作るには、一般的に1時間以上はかかるもの。ところがもろやま華うどんは、たったの10分で打てるというのです! 店を訪ねて、真相を確かめてきました。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME