「東京」

記事一覧

賃貸住宅や商業施設を整備。「東長崎」駅南口の再開発に着手/西武鉄道グループ

賃貸住宅や商業施設を整備。「東長崎」駅南口の再開発に着手/西武鉄道グループ

 西武鉄道(株)と(株)西武プロパティーズは、西武池袋線「東長崎」駅南口の再開発計画を始動した。同計画は、スーパー・西友東長崎店の建て替えを中心に、西武鉄道保有地を一体的に整備するもの。敷地面積約1,300平方メートル、地上11階建て、延床面積約5,000平方メートルの建物を建設する。

ニュース
1月の首都圏建売住宅、月間契約率39.9%に下落/不経研調査

1月の首都圏建売住宅、月間契約率39.9%に下落/不経研調査

 (株)不動産経済研究所は14日、2017年1月の首都圏建売住宅市場動向を発表した。同年の新規発売は434戸(前年同月比83.1%増)。地域別では、東京都144戸(全体比33.2%)、千葉県148戸(同34.1%)、埼玉県100戸(同23.0%)、神奈川県32戸(同7.4%)、茨城県10戸(同2.3%)だった。

ニュース
東京・秋葉原駅前エリアの複合再開発を着工/住友不動産

東京・秋葉原駅前エリアの複合再開発を着工/住友不動産

 住友不動産(株)はこのほど、同社が地権者ならびに参加組合員として参加する「神田練塀町地区第一種市街地再開発事業」の着工を発表した。  同事業は、JR「秋葉原」駅前の北東200mの細街路沿いに旧耐震の建物や低層木造家屋が密集した約0.5haの再開発。

ニュース
東京駅「グランスタ」増床部分、第2期開業は4月27日

東京駅「グランスタ」増床部分、第2期開業は4月27日

 JR東日本グループの(株)鉄道会館はこのほど、JR「東京」駅地下1階の丸の内地下エリアで開発中の新施設「グランスタ丸の内」および、エキナカ商業施設「グランスタ」の増床エリアの第2期を、4月27日に開業すると発表した。第1期については2016年6月13日のニュースを参照。

ニュース
首都圏の新築小規模一戸建て価格、全体的に回復基調/東京カンテイ調査

首都圏の新築小規模一戸建て価格、全体的に回復基調/東京カンテイ調査

 (株)東京カンテイは7日、2017年1月の主要都市圏別の新築小規模一戸建て住宅平均価格動向を発表した。調査対象は、敷地面積50平方メートル以上100平方メートル未満、最寄り駅から徒歩30分以内かバス20分以内。木造で、土地・建物ともに所有権の物件。

ニュース
「大切な想い、届け!」 ラブレター執筆イベント&コンテストが池袋で

「大切な想い、届け!」 ラブレター執筆イベント&コンテストが池袋で

あなたにはいま、片思いの相手や恋人、夫婦、家族、友達など、大切な思い「ラブ」を伝えたい相手がいるだろうか。日本製紙連合会は「大切な気持ちをきちんと伝えられること」を多くの人に体験してもらうため、ラブレター執筆体験イベント「バレンタインデーは、手紙を書こう。」を東京・池袋で開催する。

街のコト
鉄道と人の心を支える高架下(東京都/有楽町・高架下飲食店街)

鉄道と人の心を支える高架下(東京都/有楽町・高架下飲食店街)

ちょっと一杯のつもりで飲んだら、いつの間にやらハシゴ酒。でも駅はすぐそこ、もう一杯だけいっちゃうか……。高架下は、手軽に仕事モードをリセットしたい人々の安息の地です。ここは東京のど真ん中、有楽町。「新橋」駅から「東京」駅にかけて、新幹線やJR在来線が絶え間なく走る高架橋下に密集する飲食店街です。

街のコト
首都圏住宅地地価、中古マンション価格とも緩やかな上昇維持/野村不動産アーバンネット調査

首都圏住宅地地価、中古マンション価格とも緩やかな上昇維持/野村不動産アーバンネット調査

 野村不動産アーバンネット(株)は13日、2017年1月1日時点の首都圏「住宅地価格」と「中古マンション価格」動向の調査結果を公表した。四半期ごとに実施している定点調査で、調査地点は住宅地が158地点、中古マンションが240地点。

ニュース