「茨城」

記事一覧

1月の首都圏建売住宅、月間契約率39.9%に下落/不経研調査

1月の首都圏建売住宅、月間契約率39.9%に下落/不経研調査

 (株)不動産経済研究所は14日、2017年1月の首都圏建売住宅市場動向を発表した。同年の新規発売は434戸(前年同月比83.1%増)。地域別では、東京都144戸(全体比33.2%)、千葉県148戸(同34.1%)、埼玉県100戸(同23.0%)、神奈川県32戸(同7.4%)、茨城県10戸(同2.3%)だった。

ニュース
首都圏住宅地地価、中古マンション価格とも緩やかな上昇維持/野村不動産アーバンネット調査

首都圏住宅地地価、中古マンション価格とも緩やかな上昇維持/野村不動産アーバンネット調査

 野村不動産アーバンネット(株)は13日、2017年1月1日時点の首都圏「住宅地価格」と「中古マンション価格」動向の調査結果を公表した。四半期ごとに実施している定点調査で、調査地点は住宅地が158地点、中古マンションが240地点。

ニュース
「ガルパン」で2期ぶり経常黒字! 鹿島臨海鉄道「人気長く続いてくれれば...」

「ガルパン」で2期ぶり経常黒字! 鹿島臨海鉄道「人気長く続いてくれれば…」

鹿島臨海鉄道の発表によると、2016年3月期決算は経常利益が2540万円で、2期ぶりに黒字となったという。これは大洗が舞台となったアニメ『ガールズ&パンツァー』のラッピング車両運行企画などの誘客効果とみられ、地域振興に貢献し続けている。

街のコト
つくば市が「水素」ポスターを配布しているらしい...電話で聞いてみた

つくば市が「水素」ポスターを配布しているらしい…電話で聞いてみた

2016年6月6日、次のようなツイートが投稿され、話題となっている。つくば市 | 一家に1枚ポスター「水素」を配布します https://t.co/NXnaVnybyF 科学都市つくばからの「つくばに住んでる限り、水素水みたいな偽科学にひっかかんなよ」という熱い思い。PDFでもDLできるよ。 pic.twitter.com/q95VM0HOBD- 中野 (@pisiinu) 2016年6月6日写真は水素をテーマにしたポスターのようだ。宇宙、生命、物質、エネルギーなど、さまざまな角度から水素を取り上げ、幅広く簡潔に解説している。なんというポスターだ。これ1枚あれば、水素のことがすべて分かる......そんな気がしてくる。いったいこれは何だろう?Jタウンネット編集部は早速、つくば市に電話して聞いてみることにした。研究者や広報担当者が、文章を書き、イラストを描いた!?      「一家に1枚」ポスター 水素(文部科学省の科学技術週間ウエブサイトより)  電話に出てくれたのは、つくば市の科学技術総合調整室の担当者だ。「このポスターは今年4月に行われた科学技術週間で、文部科学省から配布されたもの。ポスターを制作したのが、実はつくば市内の高エネルギー加速器研究機構のスタッフたちだったのです」と語る。今年は、イギリスの科学者ヘンリー・キャベンディッシュが水素を発見して、250年目に当たる。水素の科学を、より多くの人に関心を持ってもらいたいと、研究者がアイデアを出したという。「研究者や広報担当者自身が、文章を書き、イラストを描いたのだそうです」とつくば市担当者。なるほど手作り感あふれる温かみのあるポスターである。なかでも興味深いのは、再生可能なクリーンエネルギーとしての、水素の可能性である。「水素社会」という言葉も身近になってきている。ポスターでは、水素で発電する燃料電池自動車や、水素のまま燃やして使う水素エンジン自動車への応用にも触れられている。つくば市は高エネルギー加速器研究機構からポスターの提供を受け、市民への配布を始めた。市役所1階情報コーナー、5階科学技術総合調整室、地域交流センター、窓口センター、中央図書館など、市内各所で配布されている。即日、品切れとなった場所もあったという。ポスター画像は、文部科学省の科学技術週間ウエブサイトから、ダウンロードすることも可能だ。ツイッターにはこんな声が寄せられている。つくば市民はみんな科学に強いという偏見を偏見と知りながらも強く信じている https://t.co/VvXojFDYqP- 飛鳥 (@hidori_1013) 2016年6月6日つくば市の心意気を感じますね https://t.co/EtXXl3mdqs- Bonito (@Bonito0131) 2016年6月6日流石未来都市つくば! https://t.co/eP8JpJe5RU- キキ (@a19911) 2016年6月6日つくば市啓蒙活動絶賛進行中の模様。ウチの市でも配布しないかな? https://t.co/Hrstm31jsm- 中村 聡/さっし (@Sa_sshi) 2016年6月6日いいなあ 欲しい https://t.co/oaL2hNKkdT- ade (@ade1_054) 2016年6月7日「つくば市の心意気を感じますね」「流石未来都市つくば!」といった感想だ。なお、最近話題の「水素水」については、まったく触れられていない。

市役所の住所は「研究学園D32街区」? つくば市の近未来感あふれる表記の理由

市役所の住所は「研究学園D32街区」? つくば市の近未来感あふれる表記の理由

近未来のような住所がつくば市にある、というツイートが1万4000回以上リツイートされ、注目を集めている。言及されているのは茨城県つくば市のとあるコンビニの住所で、「学園都市計画事業B84街区」という、SF小説にでも出てきそうな表記だ。ここの住所すげえ近未来感しかないんだけど pic.twitter.com/9at82GweOc- 四季 幽稀@DP-X1を持った本常玲奈 (@sikiyuki_xanadu) 2016年6月4日つくばエクスプレス沿線の開発計画画像はイメージ。(いぬっころさん撮影。flickrより)近未来を感じさせるこの住所表記の背景には、つくばエクスプレス沿線の開発計画がある。つくば市とその周辺には、都市としての機能に加えて、豊かなしぜんと筑波大学やJAXAを始めとする研究機関がある。茨城県が作成した資料によると、計画的なまちづくりを通して、それら都市・自然・知の3要素を調和させた街並みを目指しているという。そして、それら沿線の地区で開発が計画されると、開発期間中はアルファベットが使われた仮の住所が割り当てられた。例えば、ツイートで言及されているコンビニがあるつくば市みどりの駅地区にはA~Cまで、市役所がある研究学園駅地区にはA~Eのアルファベットが街区として割り当てられている。そのため、つくば市役所の住所は「つくば市苅間2530番地2(研究学園D32街区2画地)」となる。研究学園という文字列に始まり、アルファベット交じりの地区名に「街区」など、SF映画のような印象を抱かせる。しかし、こうした近未来感のある住所表記は既に変わりつつある。この表記は研究学園駅地区では2014年、みどりの駅地区は2016年に廃止され、新たな表記に変更になったのだ。そのため、現在の市役所の住所は「つくば市研究学園一丁目1番地1」となっており、アルファベット交じりの住所は既に公式には使われていない。とはいえ、コンビニのレジなどの情報はそのままであることもあるようだ。もし以前の住所が書かれたレシートなんかをゲットできたらちょっとラッキーかもしれない。

7つの具材とカレー粉で店の数だけ味が広がる! 茨城県古河市の「七福カレーめん」

7つの具材とカレー粉で店の数だけ味が広がる! 茨城県古河市の「七福カレーめん」

今回は、茨城県古河市の「七福カレーめん」をご紹介。古河にゆかりのある食材の麺とカレーを使用し、店ごとに違った味を楽しめるバラエティー豊かなご当地グルメです。地元で親しまれている「中華料理 喜楽飯店」で、話を聞いてきました!

暮らしのコト