「宮崎」

記事一覧

中古マンション価格天気図、「悪化」地域が12地域に/東京カンテイ調査

中古マンション価格天気図、「悪化」地域が12地域に/東京カンテイ調査

(株)東京カンテイは27日、9月度の「中古マンション価格天気図」を発表した。同月の「晴」は11地域(前月13地域)、「薄日」は12地域(同8地域)。2015年12月以来、“上昇傾向”を示す「晴」が最多となっていたが、“やや上昇傾向”を示す「薄日」が最多となった。

ニュース
有名作詞家が手がけた「ホームセンター」のCMソング【Jタウン歌合戦】

有名作詞家が手がけた「ホームセンター」のCMソング【Jタウン歌合戦】

ご当地ソングを東軍・西軍で対決させる「Jタウン歌合戦2015」。今回は「ホームセンター」で、勝手に東西対決させてみた。東軍からは「コメリ」、西軍からは「ハンズマン」を紹介。さて、どっちに軍配が上がるのか?テーマソングが豊富なハンズマン(Osamu Iwasakiさん撮影、flickrより)いざ、対決!【東軍】コメリ「風見鶏っていいですね」新潟に拠点を置く「コメリ」のCMソング「風見鶏っていいですね」は、「コッ、コッ、コー、コケッコー 結構ですね、コメリ」とシャレたサビが特徴的だ。営業形態によって、シメの歌詞が「コメリホームセンター」と「コメリハード&グリーン」の2パターン用意されている。作詞は荒木とよひささん。テレサ・テンの「つぐない」や、合唱曲の定番、坂本九の遺作でもある「心の瞳」を手掛けた作詞家だが、CMソングマニアにとっては「布亀の救急箱」の「ヒヨコのヒヨコッコ」と同じ作者と言った方が早そうだ。【西軍】ハンズマン「笑顔をありがとう」ホームセンター音楽を語る上で、絶対に外せないのが、宮崎県都城市に本拠地のある「ハンズマン」だ。「ハンズマンソング」と名付けられた一連のテーマソングは、2015年12月現在で10曲にものぼる。その中で、今回紹介するのはバラード調の「笑顔をありがとう」だ。この曲を歌うのは、「九州のCMソングの女王」との異名を持つ、堤田とも子さん。堤田さんの公式サイトによると、あの「ジャパネットたかた」のCMソングも、堤田さんの歌唱だという。すごすぎるぞ!東西ふたつの「ホームセンター」ソング。あなたはどちらに興味を持っただろうか。つづいて14時には、「ホテルニュー対決」と題して楽曲を紹介する。お楽しみに!Jタウン歌合戦全国各地で流れるCMソングや、お店で流れるオリジナルBGMなどを紹介。本拠地に基づいて「東軍」「西軍」と分類し、Jタウンネットが勝手に対決させる。

いまどき夫婦の都道府県別“幸せ”ランキング 寝る前の会話ある?

いまどき夫婦の都道府県別“幸せ”ランキング 寝る前の会話ある?

 ブータンのGNH(国民総幸福度指数)やフランス・イギリスなど、さまざまな国で幸せを数値化する試みが行われているが、「自己PR力」「観察力」「ケンカ力」「仲良し力」「境界力」「過去未来力」の6つのカテゴリー、全80問の設問に答えて “結婚の幸福度”を客観的に測定した『QOM(Quality of Marriage)』(パートナーエージェント・東京)の都道府県別集計で、幸せな夫婦がいる場所トップは東京都と宮崎県、3位が鹿児島県だった。

街のコト
薩摩の郷土料理「がね」は、かきあげと超ソックリ... 何が違うのか地元民に聞いてみた

薩摩の郷土料理「がね」は、かきあげと超ソックリ… 何が違うのか地元民に聞いてみた

鹿児島県および宮崎県の西側、いわゆる旧薩摩領に伝わる郷土料理「がね」。千切りにしたサツマイモなどの野菜を衣に包んで揚げた「サツマイモを使った野菜のかきあげ」だ。かきあげとがねの違いについて薩摩人に直撃してみた。

街のコト
宮崎県に初の自動改札機が設置! 通り方はポスターで解説...「とうとうハイテクに!」

宮崎県に初の自動改札機が設置! 通り方はポスターで解説…「とうとうハイテクに!」

1年以上も前の記事で恐縮だが、Jタウンネットでは宮崎県に「自動改札機がない」ことを取り上げたことがあった(参照:自動改札「空白県」脱却にはしゃぐ宮崎県民)。月日の経つのは早いもので、いよいよ2015年11月7日、宮崎駅に自動改札機が導入される。下のツイートは、11月2日投稿され、話題となっている。宮崎県で初めての自動改札機なので通り方が書かれたポスターが設置されています pic.twitter.com/8E6gFhSXf4- りんふぃーる (@Linfiel) 2015, 11月 2写真には、自動改札機の通り方を解説するポスターが写されている。ICカードの場合ときっぷや定期券の場合の利用法が図解されている。宮崎県民なら、ちょっとジワッとくるポスターではないか。それにもかかわらず、こんなことを言われるなんて......。え、そもそもなかったの?宮崎駅(hirox3さん撮影,flickrより)冒頭のポスターに関連して、さまざまなコメントが寄せられている。やっとかよおおおぉぉぉ- 水没 (@suibotusf) 2015, 11月 2宮崎もとうとうハイテクに(*゚ー゚)v- えれき (@ereki0215) 2015, 11月 2「やっとかよおおおぉぉぉ」という叫びや、「宮崎もとうとうハイテクに」という感慨が......。は?宮崎県今までどうやってたの?- あいと. (@X_x_Aito_x_X) 2015, 11月 2「宮崎県今までどうやってたの?」という素朴な疑問もあった。冒頭のツイートの投稿者からは、こんなコメントも投稿されている。「宮崎って自動改札機無かったの?!」とよく言われますが、県外に出るまで自動改札機が無いのが普通だと思ってました。- りんふぃーる (@Linfiel) 2015, 11月 2なにはともあれ、宮崎県にも自動改札機が登場する。喜ばしいことだ。......が、下のような人もいた。我が故郷宮崎県にもやっと自動改札機が設置されたか!しかし現在住んでる愛媛県には自動改札はまだ無い...... >RT- 野狐@11/8なかむランド6 (@the_wild_fox) 2015, 11月 211月7日以降、自動改札機がない県は、福井、鳥取、島根、徳島、愛媛の5県となるようだ。

人気No.1焼酎「黒霧島」はこうして作られる! 都城市にそびえる巨大ハイテク工場を徹底取材【前編】

人気No.1焼酎「黒霧島」はこうして作られる! 都城市にそびえる巨大ハイテク工場を徹底取材【前編】

芋焼酎の本場として知られる鹿児島を抑え、2014年度の焼酎出荷量が全国1位となった宮崎県。その逆転の背景には酒造メーカー「霧島酒造」の躍進がある。そんな霧島酒造の製造工場の様子を徹底レポートする。

街のコト