「北海道」

記事一覧

冬道怖ぇ...北海道警察が公開した「吹雪による事故」動画が説得力満点

冬道怖ぇ…北海道警察が公開した「吹雪による事故」動画が説得力満点

雪道と吹雪の影響で起こる交通事故の映像が恐ろしすぎる――こんなツイートが2016年11月30日に投稿され、話題になっている。冬の北海道は、観光スポットもいっぱいですが、危険もいっぱいです。冬道の恐ろしさを知っていただくため、「吹雪による視界不良時の交通事故」の動画をご紹介します。

街のコト
「お弁当で下敷きになってるパスタ」は本当に必要か? 皆さんの本音を聞いてみた

「お弁当で下敷きになってるパスタ」は本当に必要か? 皆さんの本音を聞いてみた

お弁当の揚げ物やハンバーグなどの下に敷かれているパスタ。あのパスタはいったい何のため?そこで「お弁当で下敷きになっているパスタ、いる?いらない?」をテーマに都道府県別のアンケート調査を行った。はたして、その結果は――。

街のコト
北海道の某所で見かけた、シャアのイラスト。パチモンかな、と思ってよく見たら...?

北海道の某所で見かけた、シャアのイラスト。パチモンかな、と思ってよく見たら…?

田舎などを歩いていると、明らかに版権などを無視した某ネズミキャラや、猫型ロボットなんかが壁に描かれていたりする。北海道の遠軽町を訪れたあるツイッターユーザーが見かけた、そんなパチモンたちの仲間かと思われたイラスト、よくよく見ると、描いた人の名前に驚愕――こんなツイートが2016年7月21日に投稿され、話題になっている。画像はイメージです(Kzaralさん撮影、Flickrより)田舎にありがちな版権無視イラスト。うそシャアとか町の入り口に飾って怒られるぞ。なになに、イラスト安彦良和...本人じゃねぇか!し、失礼しました! pic.twitter.com/BtA5WFTDnP- 良月 (@ryogetw) 2016年7月21日今回投稿されたこちらの画像。どうにも『機動戦士ガンダム』の「シャア・アズナブル」をデフォルメしたパチもん風に見えるが実はこのイラスト、ガンダムの作画監督を務め、漫画『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の原作者である安彦良和氏が書いた物なのだ。実は安彦氏、この遠軽町の出身。町内には何カ所も、この安彦氏自ら描いたシャアが飾ってあるのだとか。このツイートには、こんな反響が。@ryogetw @makra 機動戦士エンガル?- 猫乃介 (@nyaincecat) 2016年7月23日@ryogetw まさかの公式の人っすかぁぁぁぁぁぁぁあ?!((((;゚Д゚)))))))- メイジンアメイジングトモヤ (@4ew8i5GgNL3Et0t) 2016年7月23日@ryogetw 自衛官募集が下にあるのもポイントが高い- ミソサザイ (@MISOSAZAI_S52) 2016年7月24日まさか本人が書いてると思わなかった......。(ライター:長谷川オルタ)

「エサやりがクマを殺す。」 知床財団のメッセージカードに「考えさせられる」との声多数

「エサやりがクマを殺す。」 知床財団のメッセージカードに「考えさせられる」との声多数

2016年7月28日に投稿されたツイートが「考えさせられる」と、議論になっている。餌付けというエゴが招いた悲劇。 pic.twitter.com/MVsRTXIeIU- 川Φ (@takeshikawanaka) 2016年7月28日「餌付けというエゴが招いた悲劇。」というコメントと共にアップされた写真には、「エサやりがクマを殺す。」と書かれたメッセージカードが写っている。このカードは知床財団が2012年に始めたキャンペーンのひとつで、ヒグマにエサを与えないよう、観光客に自制を促している。野生動物への人間の干渉や善意が野生のクマを死に追いやることがあると訴えており、その文言は衝撃的だ。 道路を横切るクマ(Hajime NAKANOさん撮影、Flickrより)人の食べ物の味を覚えることで、人里に...クマは人の食べ物の味を覚えると、人里に下りてきて食べ物を探すようになる。そのうち、人や車は警戒する対象ではなくなる。地元住民などに危険が及ぶと判断されれば、最悪の場合、クマは駆除されてしまう。同財団はそのようなことを避けるため、人前に現れたクマを追い払い、お仕置きをすることで人間を嫌うように学習させてきた。その一方で同財団には、観光客がクマにエサをやっているとの情報が寄せられてきた。生ゴミをあさる姿も目撃されている。カードには実際に駆除されたクマの写真と、駆除の経緯を語った実話が掲載されている。ショッキングな内容を題材にすることで、人の心に強く訴える狙いだ。このツイートに対し、コメント欄には様々な持論の人が集まり、議論を繰り広げている。

中古マンション・一戸建ての「買いどき感」、過去3年間で最高に/リクルート住まいカンパニー調査

中古マンション・一戸建ての「買いどき感」、過去3年間で最高に/リクルート住まいカンパニー調査

(株)リクルート住まいカンパニーは26日、2016年6月度の「『住まいの買いどき感』調査」結果を発表した。一般生活者のうち、今が「買いどき」と感じている人は18.3%(16年3月調査比1.0ポイント減)と減少。前年同月の17.6%と比較するとやや上回った。

ニュース
待ち合わせに遅れそう・早く来そうな都道府県 ダントツはやっぱりあそこ、だけど…?

待ち合わせに遅れそう・早く来そうな都道府県 ダントツはやっぱりあそこ、だけど…?

「南国の人は時間におおらか」のイメージ通り、待ち合わせに遅れてきそうなイメージがある沖縄県民。では早く来そうなイメージの地域は? 調べてみたら、「遅れてきそう」「早く来そう」は紙一重……!

街のコト
北海道のロングセラー「カツゲン」に人気のももフレーバーが期間限定登場

北海道のロングセラー「カツゲン」に人気のももフレーバーが期間限定登場

雪印メグミルクは、2016年7月12日から期間限定の「ももカツゲン」を北海道で販売する。      ももカツゲン  「ソフトカツゲン」は北海道民に慣れ親しまれているロングセラーの乳酸菌飲料。定期的にフレーバー商品を販売している。今回の「ももカツゲン」は、フレッシュでジューシーなもも風味のカツゲン。過去5年間の春夏限定のフレーバーカツゲン(1000ml商品)の中でも1番の売上を誇る。パッケージの正面には北海道とカツゲンのロゴを組み合わせたマークを配置し、カツゲンが北海道発祥であることをアピールした。側面は「カツゲンの豆知識」として「勝ちたいときは『勝源(かつげん)神社』で神頼み!?」というタイトルで、「勝源神社」の社名由来や験担ぎについて紹介する。      パッケージ側面の「カツゲンの豆知識」  「ももカツゲン」は500ml、137円(税抜)。7月12日からの期間限定、北海道限定で販売される。

函館の地震で、札幌を心配する人続出→道民「北海道は広いんだよ!」

函館の地震で、札幌を心配する人続出→道民「北海道は広いんだよ!」

6月16日に北海道の内浦湾を震源とする地震が発生した。ツイッターでは函館だけでなく、人が集まる札幌などを心配する声が上がったのだが、それは同時に北海道とそれ以外の住民の感覚の違いを明らかにした。直線距離で150km、離れてます内地民「北海道大丈夫?」函館「揺れたけど大丈夫」札幌「え?」旭川「何の事?」帯広「どうしたの?」釧路「霧が濃い」稚内「寒い」- 綺符?きっぷ? (@hondelaion) 2016年6月16日北海道広いというかざっと今距離計算したんだけども、札幌?函館間が直線距離150kmだそうなので、静岡や茨城に地震が起きた時に東京の人に地震起きたけど大丈夫!?って聞くくらいの距離があります。函館です、函館の人を心配してあげてください- 雨宮さん (@miraclegumi) 2016年6月16日函館で震度6弱、とのニュースに、北海道在住の知り合いの安否を心配する声が相次いだ。北海道内の町だし、函館だけでなく札幌の方も被害を受けているのでは、と思うのももっともだが、北海道のサイズは、日本国内においては規格外である。とはいえその距離感がどのようなものなのか、本州在住だと中々分かりにくい。まず、函館札幌間だが、ツイートで言及されている通り、直線距離でおよそ150kmの距離がある。本州で例えると、東京駅から静岡駅間に匹敵する距離だ。       札幌函館間は150km  他にも、札幌〜稚内間はおよそ260km、札幌〜旭川間でおよそ115kmである。260kmと言えば東京から名古屋まで、沖縄本島から宮古島までの距離とほぼ同じ。新幹線どころか飛行機を使う距離である。       札幌稚内間は260km  北海道はその大きさゆえに、他の地域に住む人にとっては距離感がつかみにくい。パニックにならないためにも、その感覚を少しでも掴んでおくと役に立つかもしれない。