「千葉」

記事一覧

団地景観・復興フォト&スケッチ展入賞作品を発表/UR都市機構

団地景観・復興フォト&スケッチ展入賞作品を発表/UR都市機構

 (独)都市再生機構(UR都市機構)は1日、「UR賃貸住宅 団地景観フォト&スケッチ展2016」および「東日本大震災 復興フォト&スケッチ展2016」の入賞作品を発表した。「UR賃貸住宅 団地景観フォト&スケッチ展2016」は「ふれあいの団地〜笑顔、暮らし、彩りの風景〜」をテーマに作品を募集。

ニュース
卒業生が繋いだ縁...Bリーグ・千葉ジェッツを支える東京スポーツ・レクリエーション専門学校の取り組み

卒業生が繋いだ縁…Bリーグ・千葉ジェッツを支える東京スポーツ・レクリエーション専門学校の取り組み

アスリートを支えるトレーナーを目指す学生たちが、授業で学んだことを実際の現場で実践している。その場の1つが、千葉県初のプロバスケットチーム「千葉ジェッツ」で、様々な学生が運営やイベントに関わっている。 千葉ジェッツと東京スポーツ・レクリエーション専門学校(以下TSR)との教育契約は、TSR卒業生の須藤景太さんがジェッツの営業担当になったことをきっかけに結ばれ、2016年で3年目の更新を迎えた。       千葉ジェッツで営業を務める須藤さん  学生が試合会場で授業内容を実践TSRはプロアスリートを支えるトレーナーを多数輩出する専門学校。授業で学んだことをすぐに実践するカリキュラムで、即戦力を養成している。今回の更新は、Bリーグの開催に向けてのもの。プロバスケットボール界に関わる人材育成をめざし、各科から学生を派遣する。派遣された学生は、千葉ジェッツの試合運営、会場にて観客向けのストレッチステーションの出展、ハーフタイムのダンスパフォーマンスなどを通して、実践的にスポーツビジネスに関わっていく。       スポーツトレーナー科による試合会場のストレッチステーション         スポーツインストラクター科によるダンスパフォーマンス  Bリーグは、それまで複数あったリーグを統合する形で立ち上げられた男子プロバスケットリーグで、2016〜2017年にかけてのシーズンが初めての開催。

首都圏の新築小規模一戸建て価格、安定傾向が続く/東京カンテイ調査

首都圏の新築小規模一戸建て価格、安定傾向が続く/東京カンテイ調査

(株)東京カンテイは11日、2016年9月の主要都市圏別の新築小規模一戸建て住宅平均価格動向を発表した。首都圏の新築小規模一戸建ての平均価格は4,102万円とわずかに上昇。直近4ヵ月で大きな変動はなく、おおむね現在の水準を保っている。

ニュース
首都圏の価格定点調査、平均変動率プラス維持も小幅に/野村不動産アーバンネット

首都圏の価格定点調査、平均変動率プラス維持も小幅に/野村不動産アーバンネット

野村不動産アーバンネット(株)は7日、2016年10月1日時点の首都圏「住宅地価格」と「中古マンション価格」動向の調査結果を公表した。首都圏エリアの四半期(7〜9月)の平均変動率は、住宅地価格は0.1%、中古マンション価格は0.1%となった。

ニュース
八角部屋のお相撲さんたちが、Googleストリートビューに映りこんでる!

八角部屋のお相撲さんたちが、Googleストリートビューに映りこんでる!

2016年8月22日、次のような写真付きのツイートが投稿され、話題となった。ある日の稽古後に稽古まわしを外しているとグーグルの車が通過。「あ、グーグルの車!」って追いかけて行った覚えがありましたが、まさか撮影中とは...。  #sumo pic.twitter.com/onWAGgr992- 北勝旺 俊紀 (@kirin_oh) 2016年8月22日写真は、Googleの「ストリートビュー」の中で公開されているカット。投稿者は八角部屋所属の現役力士、北勝旺俊紀さん。現在、三段目である。「『あ、グーグルの車!』って追いかけて行った覚えがありましたが」とコメントしているが、見事に撮影されてしまったようだ。「初体験です。ありがとうございました」実際にストリートビューを見てみると、東京・墨田区にある八角部屋の前には力士たちがぞろぞろ。少し離れてから再び八角部屋のある路地の方を見ると、確かに北勝旺さんがひょっこり顔を出している。ストリートビューとお相撲さんという、一見相反するイメージの両者に意外な接点があったということで、このツイートには1万を超えるリツイートがあり、未だ拡散中である。9月4日、北勝旺さんは自身のアカウントで、こう投稿している。やっと1万リツイートいきました。初体験です。ありがとうございました。#sumo pic.twitter.com/3Q969gMgb3- 北勝旺 俊紀 (@kirin_oh) 2016年9月4日「やっと1万リツイートいきました」「初体験です。ありがとうございました」とつぶやいている。ご本人もいたく喜んでいるようだ。このグーグルの件をきっかけに、北勝旺さんのアカウントに投稿されているツイートを拝見してみた。現代の若いお相撲さんの日常が垣間見ることができて、大変興味深い。名古屋場所の後の隠岐合宿や、夏巡業の様子なども、写真付きで紹介されている。ちなみに北勝旺さんの部屋の師匠・八角親方は、第61代横綱の北勝海。現在の日本相撲協会理事長である。兄弟子の隠岐の海は、秋場所初日から横綱・大関を連破して、いまもっとも注目を集めている力士の一人だ。八角部屋の公式サイトはこちら。隠岐の海の活躍を見越して、「ストリートビュー」で八角部屋周辺を撮影しておくとは......、さすがグーグル先生だ。      八角部屋(FourTildesさん撮影、Wikimedia Commonsより)

首都圏の新築小規模戸建て価格、安定傾向続く/東京カンテイ調査

首都圏の新築小規模戸建て価格、安定傾向続く/東京カンテイ調査

(株)東京カンテイは8日、2016年8月の主要都市圏別の新築小規模一戸建て住宅平均価格動向を発表した。首都圏の新築小規模一戸建ての平均価格は4,069万円と小幅ではあるが反転下落。3ヵ月連続して小幅な上下動になっており、価格水準は安定している。

ニュース