「麺は口ほどにものを言う~ご当地ヌードル探訪~」

記事一覧

“ちいたんたん”まで食べて初めて完食! 盛岡三大麺「じゃじゃ麺」

“ちいたんたん”まで食べて初めて完食! 盛岡三大麺「じゃじゃ麺」

今回は、岩手県盛岡市の「じゃじゃ麺」をご紹介。わんこそばや盛岡冷麺と並ぶ盛岡三大麺のじゃじゃ麺はとてもユニーク。常連客は調味料で自分好みに味をアレンジし、シメにゆで汁でスープを作るのです。発祥の店「白龍」で、味わってきました!

暮らしのコト
水あめのようなミートソースの“ミラカン”とは? 愛知県名古屋市の「あんかけスパゲッティ」

水あめのようなミートソースの“ミラカン”とは? 愛知県名古屋市の「あんかけスパゲッティ」

今回は、愛知県名古屋市の「あんかけスパゲッティ」をご紹介。独特の食文化「名古屋めし」を誇る名古屋には、唯一無二のスパゲティ文化がありました。でもメニューに並ぶ“ミラカン”って何? “元祖”と呼ばれる「ヨコイ住吉本店」で確かめてきました!

暮らしのコト
5枚の小皿に盛る独特のスタイル! 兵庫県豊岡市出石町の郷土料理「出石そば」

5枚の小皿に盛る独特のスタイル! 兵庫県豊岡市出石町の郷土料理「出石そば」

今回は、兵庫県豊岡市出石町の「出石そば」をご紹介。出石は約50軒ものそば屋が軒を連ねる関西屈指のそば処。名物のそばは、5枚の小皿に盛られたユニークなスタイルで親しまれています。その魅力を老舗の「そば庄」で味わってきました!

暮らしのコト
7つの具材とカレー粉で店の数だけ味が広がる! 茨城県古河市の「七福カレーめん」

7つの具材とカレー粉で店の数だけ味が広がる! 茨城県古河市の「七福カレーめん」

今回は、茨城県古河市の「七福カレーめん」をご紹介。古河にゆかりのある食材の麺とカレーを使用し、店ごとに違った味を楽しめるバラエティー豊かなご当地グルメです。地元で親しまれている「中華料理 喜楽飯店」で、話を聞いてきました!

暮らしのコト
100年近く受け継がれる“朝ラー”聖地の温と冷 静岡県藤枝市の「志太系ラーメン」

100年近く受け継がれる“朝ラー”聖地の温と冷 静岡県藤枝市の「志太系ラーメン」

今回は、静岡県藤枝市の「志太系ラーメン」をご紹介。藤枝市を中心とした旧志太郡には朝からラーメンを食べる文化が根付いています。その始まりの店「マルナカ」で、志太系ラーメンと呼ばれる独特の“2杯”を味わってきました!

暮らしのコト
栃木県民が愛する“ちたけ”とは? 栃木県の郷土料理「ちたけそば」

栃木県民が愛する“ちたけ”とは? 栃木県の郷土料理「ちたけそば」

今回は、栃木県の郷土料理「ちたけそば」をご紹介。乱獲などを理由に現在はまつたけ並みの値段で流通する“ちたけ”というきのこを使ったそばで、栃木県では昔から親しまれているそう。日光の老舗「味処 会津屋」で、その味を確かめてきました!

暮らしのコト
10分で打てるこねないうどん 埼玉県ときがわ町の「一膳取り もろやま華うどん」

10分で打てるこねないうどん 埼玉県ときがわ町の「一膳取り もろやま華うどん」

今回は、埼玉県ときがわ町の「一膳取り もろやま華うどん」をご紹介。うどん作りには多くの工程があって、数時間はかかるもの。そんな常識を覆す“10分で打てるうどん”があると聞いて、カフェ「菜の花茶論」へ行ってきました!

暮らしのコト