暮らしのコト

麺は口ほどにものを言う~ご当地ヌードル探訪~

町民だけが知る思い出の学校給食 秋田県にかほ市の「にかほ☆あげそば」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

日本各地に根付いた「麺料理」を求めて、全国を巡る「ご当地ヌードル探訪」。今回は、2005年に仁賀保町、金浦町、象潟町の三町が合併して誕生した秋田県にかほ市へやってきました。旧仁賀保町エリアのJR仁賀保駅で下車し、海に向かって道なりに歩いて行きます。

駅から海へと続く道沿いには、全国で3番目に古いとされる日本酒「飛良泉」の蔵元があります。

駅から海へと続く道沿いには、全国で3番目に古いとされる日本酒「飛良泉」の蔵元があります。

目的地は、海辺に建つ食事処「潮乃家」。この店で提供されているご当地麺が、旧仁賀保町のローカルフード「にかほ☆あげそば」です。もともとは昭和40年代にある出来事がきっかけで生まれた学校給食だそうですが、“あげそば”というからには揚げ麺を使った料理なのでしょうか? 早速、確かめてみましょう!

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME