暮らしのコト

麺は口ほどにものを言う~ご当地ヌードル探訪~

老舗そば屋のまかないラーメン 山形県天童市の「鳥中華」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

日本各地に根付いた「麺料理」を求めて、全国を巡る「ご当地ヌードル探訪」。今回は、山形県天童市にやってきました。ここは全国に名をとどろかす将棋駒の一大産地。国内シェア9割以上を誇ります。街中のいたるところに将棋の意匠が見られることからも、ここが「将棋の街」であることが伺えます。

電信柱に詰め将棋が! ほかにも歩道や郵便ポスト、マンホールなど街中に将棋駒があふれています。

電信柱に詰め将棋が! ほかにも歩道や郵便ポスト、マンホールなど街中に将棋駒があふれています。

とりわけ有名なのは、毎年4月に開催される「人間将棋」。舞鶴山山頂広場にある巨大将棋盤を舞台に、甲冑や着物をまとった人間を将棋駒に見立ててプロ棋士が対局。勇壮な姿に目を奪われる、天童市の春の風物詩です。

舞鶴山山頂広場。開催当日は奥の階段部分が観客席となり、盤上の熱戦を楽しめます。

舞鶴山山頂広場。開催当日は奥の階段部分が観客席となり、盤上の熱戦を楽しめます。

そんな天童市で誕生したご当地ラーメンがおいしいと、近年評判になっているそう。その名も「鳥中華」。著名なラーメン評論家に味を認められ、ラーメンファンも注目する話題のメニューですが、発祥はラーメン屋でも中華料理屋でもなく、そば屋だというから驚きです。発祥の店「手打 水車生そば」を訪れ、人気の秘密に迫りました!

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME