暮らしのコト

土地の魅力が凝縮! 全国「道の駅」めぐりの旅

古田織部のゆかりの地!! 濃厚生クリームソフトが絶品の「道の駅織部の里・もとす」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

織豊時代末期、茶器や建築、庭園で独自の美的感覚で一世風靡した古田織部。深い緑色が印象的な陶器「織部焼」と言えば、歴史に詳しくない人でもご存知なのではないでしょうか。
全国にある1059の道の駅(2015年5月現在)の中から、今回ご紹介するのは、伝説の茶人古田織部ゆかりの地で、こぶし大の甘柿・富有柿の産地としても知られる岐阜県本巣市の「織部の里・もとす」です!

本巣市は西濃地区に位置し、「織部の里・もとす」があるのは濃尾平野と山間部の境目。

本巣市は西濃地区に位置し、「織部の里・もとす」があるのは濃尾平野と山間部の境目。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME