暮らしのコト

土地の魅力が凝縮! 全国「道の駅」めぐりの旅

大規模公園の中にある山梨県「道の駅みのぶ 富士川観光センター」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

富士山の世界文化遺産登録以降、全世界からたくさんの観光客が訪れている山梨県。そんな大賑わいの山梨県に、穴場ともいえる魅力的な道の駅があることをご存じですか? 全国にある1059の道の駅(2015年5月現在)の中から、今回ご紹介するのは、山梨県南巨摩郡身延町にある「道の駅みのぶ 富士川観光センター」です!

東には霊峰・富士、北西には雄大な南アルプスの山々を望む、県南の地域。

東には霊峰・富士、北西には雄大な南アルプスの山々を望む、県南の地域。

見えてきました!「道の駅みのぶ」の看板。

見えてきました!「道の駅みのぶ」の看板。

身延町は、日蓮宗の総本山「久遠寺」があり、戦国武将・武田信玄の“隠し湯”とも言われる「下部温泉」で知られる、自然豊かな町です。 今回のお目当てとなる道の駅みのぶは、山梨県内でも最大の公園「富士川クラフトパーク」の中にあります。甲府と静岡を結ぶ国道52号線と、河口湖方面から山間を抜けて至る国道300号線の、ちょうどぶつかるところで、甲府南IC・河口湖ICどちらからも車で約1時間強といったところ。電車の場合はJR東海身延線下部温泉駅が最寄り。日本三大急流の富士川沿いを身延線にゆられながら、山々の景色も楽しめそうです。 今回取材に協力していただいたのは、富士川クラフトパーク指定管理者の合同会社富士川・切り絵の森の笠井さん。

笠井さん 「富士川クラフトパークは、山梨県が平成元年に供用開始した大規模公園です。敷地面積は東京ドーム約11個分! その中の一部の施設が道の駅に指定されたのは平成17年のこと。昨年7月には『道の駅みのぶ』と名称変更もしてオープンしました。道の駅周辺には、200種3000本のバラ園とレストランも新規オープンし、見どころはさらに増えています!」

道の駅と公園が一体となった園内。

道の駅と公園が一体となった園内。

レストラン棟裏の扇形の建物が「道の駅みのぶ 富士川観光センター」。

レストラン棟裏の扇形の建物が「道の駅みのぶ 富士川観光センター」。

道の駅周辺には4月に3000本のバラを植栽。すでに次々と咲き始めています。

道の駅周辺には4月に3000本のバラを植栽。すでに次々と咲き始めています。

早速、道の駅周辺に広がる公園施設を巡ってみましょう! まず目に入るのは、学校の校庭サイズは優にあろうかという「イベント広場」。あまりの開放感に、芝生の上で大の字に昼寝をしたくなりますね!

芝生が一面に広がるイベント広場には、大人気の「ふわふわドーム」も。

芝生が一面に広がるイベント広場には、大人気の「ふわふわドーム」も。

まるで秘密基地のような複合遊具が充実した「砦遊具広場」。

まるで秘密基地のような複合遊具が充実した「砦遊具広場」。

ランダムに吹き上がるユニークな噴水は、見ているだけでも楽しくなります。

ランダムに吹き上がるユニークな噴水は、見ているだけでも涼しげです。

サザンカとキンモクセイで作られた4つの迷路「フラワーメイズ」は、秋~冬に花咲く迷路になります。

サザンカとキンモクセイで作られた4つの迷路「フラワーメイズ」は、秋~冬に花咲く迷路になります。

とにかく広い園内には、自然と触れあえるエリアが多数用意されており、小さな子どもがいるファミリーはもちろん、都会の喧噪に疲れた大人にもおすすめ。山の麓にあたる丘にあるので、園内を歩けばトレッキング気分。歩いているだけで、全身リフレッシュできそうですね!

「見晴らし広場」からは、絶景とともに周辺を一望できます。

「見晴らし広場」からは、絶景とともに周辺を一望できます。

広い園内には、なんと巨大な吊り橋まであります!

広い園内には、なんと巨大な吊り橋まであります!

「森の吊り橋」の先は「サバイバルの森」へ。さらに広大な大自然と触れあえる「自然観察の森」も。

「森の吊り橋」の先は「サバイバルの森」へ。さらに広大な大自然と触れあえる「自然観察の森」も。

公式大会が行われるカヌー専用のプールは、誰でも利用可能。現役国体選手のスタッフがやさしく指導してくれます。

公式大会が行われるカヌー専用のプールは、誰でも利用可能。現役国体選手のスタッフがやさしく指導してくれます。

ここまで一気にご紹介してきましたが、まだ園内の半分といったところ。ほかにも季節の花々が咲き誇る「大花壇」、広大な土地でわんちゃんも大喜び間違いなしのドッグラン(登録制)、テニスコート、バーベキュー場(どちらも完全予約制)などもあります。道の駅でありながら、一日中楽しめる「旅の目的地」としても魅力的な施設なんです。 さて、園内を巡ったところでひと息つきましょう。駐車場のそばにある、今年4月オープンのレストランに伺います。こちらは気軽に立ち寄れるテイクアウトフードとあわせて、なんと本格的なフレンチがカジュアルに味わえるというから驚きです! レストランマネージャーの白井さんにお話を伺いました。

白井さん 「私たちは元々、甲府市内でレストランを経営しており、この店舗ではよりカジュアルに季節のフレンチを提供しています。フランス料理を味わったことのない人や、小さなお子さまなどがいてなかなかレストランに行きづらいというご家族にも利用していただけます。開放感のある店内になっており、3000本のバラに囲まれた最高のロケーションで、お食事を楽しんでいただけます」

オープンしたばかりのレストラン&カフェ。カフェのメニューはドリンクやソフトクリームなどの軽食。

オープンしたばかりのレストラン&カフェ。カフェのメニューはドリンクやソフトクリームなどの軽食。

山梨県産の桃をたっぷり使った「桃ソフトクリーム」は、桃を丸ごと食べたような果汁感!

山梨県産の桃をたっぷり使った「桃ソフトクリーム」は、桃を丸ごと食べたような果汁感!

ガラス張りで開放的なレストラン内観。

ガラス張りで開放的なレストラン内観。

ここまで広い園内に圧倒されてしまいましたが……、この施設で最も注目すべきポイントは「クラフトパーク」の名の通り、「工芸」に関する施設も充実している点です。 中でも注目は、「富士川・切り絵の森美術館」。全国でも珍しい「切り絵」専門の美術館であり、国内外で活躍する一流切り絵作家の作品を目の前で見ることができます。同館は園内に点在する3つのギャラリーから成り、常設展と企画展が楽しめます。 取材時に開催されていた企画展では、日本が世界に誇るレース切り絵作家・蒼山日菜さんの貴重な作品を多数目にすることができました。

ガラス張りで美しい「芝生ギャラリー」では年3回企画展を開催。

ガラス張りで美しい「芝生ギャラリー」では年3回企画展を開催。

この時はテレビや書籍でもよく目にする、蒼山日菜さんの有名な作品を見ることができました。

この時はテレビや書籍でもよく目にする、蒼山日菜さんの有名な作品を見ることができました。

驚がくのクオリティを誇る切り絵に、時間を忘れて見とれてしまいます。

驚がくのクオリティを誇る切り絵に、時間を忘れて見とれてしまいます。

美術館でアートな気分をくすぐられたら、再び道の駅エリアへ。ここには、戦国時代から続く身延町の伝統工芸でもある「西島和紙」の手漉き和紙作り体験ができる工房が常設であります。 また、土・日・祝日やホリデーシーズンには、ラタンクラフトや木工、ガラス、デコスイーツなど、さまざまな日替わりクラフト体験が楽しめる「ものづくり館」もあるので、旅の思い出作りはもちろん、お子さんの夏休みの自由研究にもぴったり!

和紙を日常使いできる、かわいらしい商品が並ぶ西島和紙工房「Tesukiya」。

和紙を日常使いできる、かわいらしい商品が並ぶ西島和紙工房「Tesukiya」。

手漉き和紙作り体験ではオリジナルの絵はがきを手軽に作ることができます。

手漉き和紙作り体験ではオリジナルの絵はがきを手軽に作ることができます。

設備の整った工房で職人がレクチャー。所要時間は乾燥も含め1時間ほど。

設備の整った工房で職人がレクチャー。所要時間は乾燥も含め1時間ほど。

世界に一枚だけの和紙絵はがきは、旅の思い出作りにピッタリ。

世界に一枚だけの和紙絵はがきは、旅の思い出作りにピッタリ。

もちろん、道の駅の楽しみといえばお買い物を忘れてはいけません! 充実の山梨みやげから、好みの品を見つけ出しましょう。店員さんも気さくに話しかけてくれるので、楽しみながらおみやげ選びができます。

地元の名物から山梨県内の定番みやげまで揃う売店。

地元の名物から山梨県内の定番みやげまで揃う売店。

山梨といえば「ほうとう」ですが、夏場は冷やして味わうほうとう「おざら」がおすすめ。

山梨といえば「ほうとう」ですが、夏場は冷やして味わうほうとう「おざら」がおすすめ。

地元で100年以上愛される竹林堂の、飽きのこない飴玉「甲斐玉」。

地元で100年以上愛される竹林堂の、飽きのこない飴玉「甲斐玉」。

380年の歴史を持つ老舗・甘養亭の「みのぶまんじゅう」。おみやげの定番です。

380年の歴史を持つ老舗・甘養亭の「みのぶまんじゅう」。おみやげの定番です。

雄大な自然、家族で楽しめる遊具施設、心を熱くする工芸体験に、素敵なフレンチでの食事……。道の駅としての楽しみを超えて、山梨県南の一大観光地として1日中楽しめる「道の駅みのぶ 富士川観光センター」こと富士川クラフトパーク。そのスケールと設備に大満足しました! ここで1日楽しんだあとは、名湯・下部温泉でしっぽりという旅程も最高。富士山観光にも負けない、山梨観光の定番として定着してほしいですね! minobu_03

  • 施設情報 ●道の駅みのぶ 富士川観光センター(富士川クラフトパーク内) 住所:山梨県南巨摩郡身延町下山1597 営業時間:9:00~17:00、水曜定休(富士川・切り絵の森美術館、レストランスヴニール、カヌー場ともに。カヌー場の利用期間は4月1日~11月30日まで) http://www.fujikawa-k-center.jp/ ●富士川クラフトパーク
    http://www.kirienomori.jp/

※記事中の情報・価格は取材当時のものです。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME