家のコト

World Life Style~わたしの国の住まい事情~

大きな窓から広がるホノルルの180度パノラマ絶景とレインボー。 くつろぎの一軒家で暮らす仲良しファミリー

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

海外の家や暮らしをレポートする「World Life Style」。第28回目はハワイでプロサーファー&GoProフォトグラファーとして活躍する日本人、ミミさんとプリスクールに通う息子エンゾ君、最近結婚したご主人アダムさんとの暮らしをご紹介。3人が暮らす家は、ホノルルの東側に位置する高台にある築52年の一軒家。虹の州ハワイと言われるほど美しい「レインボー」が望め、朝、昼、夕、夜、どの時間帯でもパラダイスの絶景が見下ろせる魅力的な家だ。

「家族3人がいつも一緒」がモットーの家

world_28_01

ファミリーの家はホノルルの東側に位置する高台にあり、世界的に有名なリゾート地「ワイキキ」から車で15分ほどのところにある。この一軒家を選んだ理由は「2階建てに住みたい!」という息子エンゾ君の希望を叶えるため。また、坂の上という立地上、1階がガレージという造りで、わんぱく盛りの彼がどれほど音を立てても迷惑がかからないことも好都合だった。そして、何よりも窓が大きくて、窓数が多いこと!光がよく入り、朝~夜まで、どの時間帯も絶景を楽しむことができる。今ではこの景色がない暮らしは考えられないほど気に入っているという。ちなみに、「お洒落よりも寛ぎ、たくさん遊べて笑いがいっぱい、家族3人が常に一緒にいられる空間」がインテリアのテーマだそう。

world_28_02

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME