家のコト

World Life Style~わたしの国の住まい事情~

ヤシの木揺れる庭とプールのリゾート感。 アンコール・ワット近くの一軒家で優雅に暮らすファミリー。

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

海外の家や暮らしをレポートする「World Life Style」。第31回目は、世界遺産アンコール・ワットを擁する、カンボジアのシェムリアップから。クメール様式を多く取り入れた家で、ゆったりと暮らすジャンクロース一家をご紹介。ヤシの木が生える緑多い庭、白壁に木目装飾の落ち着きのあるお宅はとても魅力的。子供の誕生日には、プールサイドでBBQを楽しむなど、「日々リゾート」な生活を送っている。

クメール様式の内装を取り入れた、クメール・西洋折衷のお宅

_world_31_01

ジャンクロース家の暮らす家は、アンコール・ワットで有名な観光地のシェムリアップにある。在住の外国人も国籍問わず多く、街中にはお洒落なカフェなども建ち並ぶところだ。ジャンクロース家はクメール人のリァッカナーさんとフランス人のご主人ベンティットさん、娘のマイヤー、息子のアレックスの4人家族だ。2匹の大型犬(ヴァニーとクッキー)も飼っており、広い庭を自由に走り回っている。

「クメール様式」とは、アンコール・ワットを建立したクメール王朝の時代に、ヒンドゥー教と仏教の様式が融合して生み出された、文化や美術の様式だ。もともとは石造りの塔型建物の建築や、砂岩に彫られたレリーフ(彫刻)などが特徴だったが、生活スタイルの変化に伴い、昨今は天然木仕様の内装やインテリアなどに用いられることが多い。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME