家のコト

World Life Style~わたしの国の住まい事情~

ネパールの石壁の茅葺き農家をリフォーム。 シンプル&温もりのある夫婦の暮らし

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

海外の家や暮らしをレポートする「World Life Style」。第29回目は、ヒマラヤの麓、ネパールのポカラから、リフォームした農家におしゃれに暮らすパラジュリ夫妻をご紹介。自然と、ネパールの伝統文化と、アンティーク家具をこよなく愛する彼らの生き方が感じられる石壁の茅葺き屋根の家だ。

ナチュラルハウスが縁で運命的に出逢ったふたり

パラジュリ夫妻の暮らす家は、ヒマラヤ山脈の麓の観光地であるポカラの郊外に位置している。ネパール人であるご主人のブッディサガールさんと、ネイティブインディアンの血をひくカナダ人のウェンディさんと犬のプリューデンスの2人と1匹暮らしだ。二人が知り合うきっかけは、実はこの家であるという。ウェンディさんが、初めてネパールを訪れたのは、2010年のこと。

アジア放浪の旅の途中、ポカラが気に入り、郊外の村にあるこの家を1ヶ月ほど借りたのだ。広い庭に、石壁と茅葺き屋根の小さな農家にウェンディさんはひとめぼれ。元々このあたりの村では、石壁とかやぶき屋根の家がほとんどだったが、近年では、鉄筋コンクリートの家が増えている。伝統的な農家を好むツーリストとは対照的に、村人は近代化をよしとし、年々伝統的な農家は減りつつある。

そして、ここで、彼女は大家さんの弟であるブッディサガールさんとも出会うことになる。お互いにひとめぼれだったというお二人、2011年には電撃結婚を果たした。結婚を機に、独立したブッディサガールさんは、お兄さんからこの家を譲り受け、夫婦で暮らし始めることになったという、なんとも素敵なエピソードである。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME