家のコト

World Life Style~わたしの国の住まい事情~

大自然と寄り添う、完全オフグリッドの暮らし。 南アフリカの村で、コサ式伝統家屋に住まうご夫婦。

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

海外の家や暮らしをレポートする「World Life Style」。第32回目は、南アフリカのトランスカイ地方の海岸沿いから。インフラの整っていない小さな村で、村人の教育や医療、農業など暮らし全般の向上に取り組むマーティン夫妻を紹介。先住民コサ族のコミュニティの中で暮らすお二人は、コサ族の伝統家屋をご自分たちで建てたという。大自然に寄り添いながら、オフグリッドで暮らす日々を訪ねた。

マーティン夫婦のセルフビルドという選択

world_32_01

南アフリカの、トランスカイという地はアパルトヘイト時代の旧独立国で、先住民コサ族の文化が色濃く残っている。ご主人のデイブさんはイギリス系南アフリカ人、奥様リジャーンさんはコサ、インド、マレー、白人の血をひく。(混血した民族を南アフリカでは「カラード」と呼ぶ)ご夫婦の暮らすブルングラ村は、とても小さな村。電気も水道も、もちろん大型スーパーマーケットもない
ご主人のデイブさんはオフグリッドのスペシャリスト。2003年にオフグリッドの宿「ブルングラ ロッジ」を創立。なんとロンリープラネットの賞や、南アフリカの観光フェアトレード賞などを受賞し、技術やコミュニティと一体になって行う事業が評価された。
その豊富な経験を生かし、2012年にご自宅をセルフビルドで建てた。使用済みの水が畑に流れるシステムや、太陽パネル、ソーラー温水器、コンポストトイレなどを作り、電気、水道、下水などのインフラがなくても地球と循環して快適に暮らせるようなシステムを作ったのだ。
建てたコサ式の家は二つ。一つはキッチン、リビングルーム兼ゲストルーム。もう一つはベッドルームとトイレ、シャワーが仕切られ一緒になっている。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME