家のコト

World Life Style~わたしの国の住まい事情~

チェコ・プラハ郊外、心落ち着く田舎別荘「ハルーパ」で アンティークに囲まれたスローライフを慈しむ3世代家族。

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

海外の家や暮らしをレポートする「World Life Style」。第26回目はチェコで世代を超えて田舎暮らしを満喫するコトラ家をご紹介。「ハルーパ」と呼ばれる別荘は暖かい木材とアンティーク家具に囲まれた空間。そこには、手づくりやスローライフを満喫する三世代家族の絶えることのない笑顔があった。

年代物のアンティークや思い出の品がインテリアに

world_25_03

コトラ家が暮らすのは、チェコで「ハルーパ」と呼ぶ田舎別荘。1989年まで社会主義だったチェコでは、一般的な娯楽の代わりに、週末、家族で過ごす田舎別荘「ハルーパ」を持つことが生活の基本であった。春は庭仕事、夏は野外グリル、秋はきのこ狩り、季節を通して自然界から学び、吸収できる生活だ。現代でもなお多くの家庭が、都市部の生活では味わえない別荘ライフを受け継いでいる。

world_26_02

1968年に別荘を購入したミロスラフ・コトラさんは、春から秋の大半をこの別荘で暮らし、息子のマーティンさんたちは、週末のみプラハから通うスタイル。3世代がそれぞれ暮らしやすいよう、家族で力を合わせて改築し、2世代目のマーティン・コトラ&亜希子夫妻、3世代目の奈桜ちゃんと一緒に共有できる空間を作り出した。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME