家のコト

World Life Style~わたしの国の住まい事情~

タイの若きビストロオーナーは音楽と緑が大好き! 両親が購入した豪邸の3階スペースで快適な暮らしを満喫

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

海外の家や暮らしをリポートする「World Life Style」。第24回目はタイのバンコクに住む20代のタイ料理ビストロオーナーのお宅をご紹介。バンコク中心部から車で30分ほどの住宅街パタナカン地区にある、豪華な3階建ての一軒家に両親と暮らしている。この家は13年前に父親が新築で購入したもので、以前から所有していた裏の一軒家には、祖父、兄夫婦、叔母が住む。2本の路地の間に広がる1200平米の敷地に2軒。3世代の家族が互いに行き来をしながら暮らしている

玄関の向こうに広がるゴージャスなリビングエリア

world_24_01

両開きの玄関の向こうには広々としたエントランス、その横にはリビングルームがつながっている。約600平米という広大なスペースは白と金色をベースにヨーロッパ調のインテリアでまとめられ、床は大理石という豪華絢爛さだ。インテリアの構想を練ったのはウィッチさんのお父さん。幼少時、貧しさからお寺で育ち、働きながら勉強をし、業務用冷蔵庫メーカーを創業して成功を収めた苦労人だ。

ウィッチさんとお父さん

ウィッチさんとお父さん

タイの富裕層は一族で家業を行うことが多い。ウィッチさんは昨年オープンしたビストロオーナーの一人としてマーケティングを担当する一方で、お父さんの会社でも働いている。子供の頃から兄と共に家業を継ぐことを諭されてきたウィッチさんは、いずれ家業を継ぐと心に決めている。実はこの家も、お父さんが息子のために購入したものなのだ。

world_24_02

来客用のスペースであり、家の顔ともなるリビングルームは、西洋風のラグジュアリーな空間に仕上げた。タイでは豪華であることが成功者の証でもある。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME