家のコト

World Life Style~わたしの国の住まい事情~

広々とした屋上テラスが魅力的、 母がデザインしたアパートで楽しく暮らすカップル

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

海外の家や暮らしをリポートする「World Life Style」。第23回目はスイスから。スイスは国土面積が北海道の半分ほどしかないが、様々な国籍の人々が暮らしている国際色豊かな国である。
ルカさんとステフカさんが暮らすフランス語圏ドレモンは、ジュラ州の州都だが、人口約12,180人と小さな町。しかし、首都のあるベルン駅まで約1時間、チューリッヒ駅まで約1時間40分と、都心も遠くない。さらに、フランスやドイツの国境までは車で約30〜40分という近さである。彼らはこの町でルカさんの母親、クリスティーヌさんとともに、3人暮らしを楽しんでいる。

家族もゲストも長居したくなる、くつろげる空間

world_23_01

ドレモンは、小さな町だが、幼稚園から中学校、専門学校もあり、映画館、ボウリング場などの娯楽施設やスーパーマーケット、ホームセンターなど、日常生活に必要なものは不自由なく手に入れることができる
この町でアパートが建設する計画が決定したのは2008年。クリスティーヌさんは計画時に購入を決め、建築士や建設に関わる人たちと相談しながら、インテリアデザイナーとして携わったという。

world_23_04_2

2010年に入居開始となったアパートは4階建てで、地下に駐車場と物置があり、その他は居住空間となっている。一家は、3階から上の2フロアある4LDKを購入。
間取りは、オープンキッチンのあるリビングダイニングと書斎、ルカさん達の寝室が2つ、シャワールーム、洗濯室、マスタールーム(バスルーム、ウォークインクローゼット付)、バルコニー、最上階の多目的ルーム、屋上テラスである。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME