「カルチャー・風習」

記事一覧

鶴田 静さん「ビジーな田園エコライフ」

鶴田 静さん「ビジーな田園エコライフ」

青空に浮かぶ金色の朝日が山や森を照射して、木々の葉は銀色に耀いている。金銀にきらめく光や水滴に覆われた緑豊かな庭に出て、ピンクの立葵(たちあおい)の群生や花水木の白い花と一緒に、この大気をからだ中に吸い込みながら心の中で叫ぶ。ああ、なんという至福!

街のコト
砂漠の街の不慣れな雨対策/リマ(ペルー)

砂漠の街の不慣れな雨対策/リマ(ペルー)

世界的な気候変動の影響で、砂漠の街リマにもここ数年小雨が降るようになった。しかし、周囲にはいまだ雨対策が講じられていない建物がたくさんあり、ちょっとしたことですぐトラブルになる。例えば雨水用の排水溝がないため、私が暮らすアパートでは、ひとたび雨が降ると吹抜け部分から雨が浸入し、1階が水浸しに。そのため住人は水たまりの上を歩かねばならなかった。そこで吹抜けの天井部分に屋根を取り付けることになったのだが、この工事がなんともお粗末で、想像だにしなかった問題が次から次へと発生した。

街のコト
砂漠にそびえる 白亜の街並み/アシガバート(トルクメニスタン)

砂漠にそびえる 白亜の街並み/アシガバート(トルクメニスタン)

中央アジアのトルクメニスタンという国をご存知だろうか。独特の体制を敷き、絶対権力者である大統領の写真が国中にあふれる様子に、なじめない人も多いかもしれない。しかし、世界屈指の天然ガス埋蔵量を誇り、そこから巨万の富を得るこの国の人々の暮らしぶりはそんなに悪いものではない。なにしろ彼らが暮らすのは、絢爛豪華な白亜の街なのだ。

街のコト
超高床式住宅 流行のワケ/ブリスベン(オーストラリア)

超高床式住宅 流行のワケ/ブリスベン(オーストラリア)

なっ、なんなんだ、これは!「家というのは地上にあるもの」という固定概念を見事にひっくり返してくれる「超高床式住宅」とでも呼べる物件が、オーストラリア・クイーンズランド州の州都ブリスベンにはたくさんある。オーナーが「木の上の秘密基地みたいな家に住みたい」という子どものころからの夢を叶えたわけでも、宮崎アニメの名作『天空の城ラピュタ』の大ファンであるわけでもない。

街のコト