「カルチャー・風習」

記事一覧

西岡 潔さん「住む場所を選ぶ自由」

西岡 潔さん「住む場所を選ぶ自由」

住むところを選ぶ際、人は何を基準にするのでしょう?私がけっこう大切にしているのは、初めてその物件を訪れた際のドアを開けた時の気持ちよさです。12年ぐらい前からでしょうか。田舎暮らしに興味が出始め、仕事がら日本各地に行くことが多いこともあり、住むのにいい場所がないか探していました。自然が豊かできれいな場所はたくさんありましたし、「住んでみたい」と思える場所も数ヵ所ありました、でも一歩踏み出せない内に、10年程が経っていました。

暮らしのコト
土地の値段が急上昇 5年前の2倍に!/バリ島(インドネシア)

土地の値段が急上昇 5年前の2倍に!/バリ島(インドネシア)

今、バリ島では、土地の値段が急上昇中です。理由の一つが、物価の安いバリ島へ移住し、土地を買う外国人が増えていることです。外国人がバリでマイホームを持つには、不動産会社を通す場合もありますが、知人を通じて情報を入手し、土地の売買を行うのが一般的です。仲介者には、売手から通常5%程度の手数料が支払われるので買手は手数料を払う必要がありません。

街のコト
折りたたみ自転車の折りたたまれ率はどのくらい? 最新モデルには電動折りたたみ自転車も登場

折りたたみ自転車の折りたたまれ率はどのくらい? 最新モデルには電動折りたたみ自転車も登場

コンパクトでオシャレなイメージのある折りたたみ自転車。収納が不足しがちな都心の住まいでは、折りたためるのは大きなメリットですよね。そこで実際の“折りたたまれ率”と調べてみました!

暮らしのコト
ヒビノ ケイコさん「移住生活は「人」も環境」

ヒビノ ケイコさん「移住生活は「人」も環境」

雨が今にも降りそうな空気。息子と並んで、こぐ自転車。水色、白、青、うす紫...。山に咲く花の淡い色が、風と一緒に通り過ぎていく。「もう11年かあ...。早いもんだなあ」京都から夫の実家がある高知県嶺北地方に移住した当初、寂しくてたまらなかった。昔話?と思うほどの山奥。まだ移住者はほとんどいない時期だった。地域の知人たちは親切にしてくれる。でも、「世間話だけがしたいんじゃなくて、もっと深い話や悩みも話せる仲間がほしい...!」と切実に感じた。

暮らしのコト