街のコト

ニッポンの5当地(ごとうち)

5当地「色」- 12の知られざる豊島区

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

n5-17-iro-mark-1

ニッポン全国のご当地をまわり、そのエリアならではのちょっと変わった風習や流行、素敵な方言などを、地元の不動産店の皆さんにお伺いするニッポンの5当地「色」。
今回は、知られざる「豊島区」の県民性などの特色をご紹介します。

n5-17-iro-ill

01

n5-17-iro-1-120x120

安心・安全な街になった池袋
女性の一人歩きも大丈夫ですよ。

東京メトロ副都心線が開通し、エチカ池袋やエソラ池袋などかわいいお店が増えた池袋。お店も街も安心・安全に気を配るようになって、女性一人でも安心して歩ける街になりました。男性一人だと恥ずかしいお店も増えて、昔とはアベコベです(笑)。

いい街になってきましたよ

n5-17-iro-1

情報提供

(有)SANKEI KANRI<豊島区西池袋> 鎌田 隆さん

02

n5-17-iro-2-120x120

「マンガの聖地」トキワ荘に
話題の「乙女ロード」も人気です。

昭和20~30年代、手塚治虫や赤塚不二夫、石ノ森章太郎らが共に暮らしたトキワ荘。建物はもうありませんが、日本のマンガ史に残る「聖地」でしょう。女性のマンガファンが集まる「乙女ロード」も、全国的な人気スポットですよ。
※石ノ森章太郎の「ノ」は小文字

マンガの街よ、永遠に

n5-17-iro-2

情報提供

豊島ケーブルネットワーク(株)<豊島区西池袋> 沖本 高明さん

03

n5-17-iro-3-120x120

緑も見晴らしも素晴らしい
生まれ変わった豊島区役所。

新区役所で気に入っているのは、4階から始まる屋外のグリーンテラス。地元の魚が泳ぐ水槽があったり、友好都市の木があったりと、まるで縦に長い公園です。10階「豊島の森」に広がる区内の見晴らしがまた、いい感じなんですよ。

散策だけでも楽しめます

n5-17-iro-3

情報提供

永幸不動産(株)<豊島区南大塚> 森下 智樹さん

04

n5-17-iro-5-120x120

場所も仕様も新しくなった
JR「池袋」駅東口の指定喫煙所。

ずっと気になっていたJR「池袋」駅の指定喫煙所ですが、場所も装いもすっかり変わりました。今度の喫煙所は、高いパネルで周りを囲ってあるので、以前と違って煙も気になりません。快適に街を歩けるようになって、とても喜んでいます。

吸わない人にうれしい配慮

n5-17-iro-5

情報提供

大志(株)<豊島区南池袋> 松本 めぐみさん

05

n5-17-iro-6-120x120

池袋だけが豊島区だけじゃない
目白のような高級住宅街もあるんです。

豊島区といえば池袋のイメージが強いみたいですが、高級住宅地として有名な目白も同じ豊島区。学習院大学がある目白一丁目からその北の二丁目、三丁目あたりはとても落ち着いた雰囲気で、人気もずっと高いですよ。

いつかはあそこの住人に

n5-17-iro-6

情報提供

(株)マグリッチ<豊島区西池袋> 伊藤 正行さん

06

n5-17-iro-7-120x120

多くの有名人が眠る「雑司ヶ谷霊園」は
墓地とは思えないすがすがしさ。

明治時代初期以来、140年以上の歴史を持つ都立霊園。
文豪・夏目漱石や俳優・大川橋蔵たちも眠っています。大きな樹々が枝を広げる静かな園内は、墓地とは思えないすがすがしさです。

漱石先生も眠っています

n5-17-iro-7

情報提供

(有)みみずくファミリー<豊島区雑司が谷> 佐々木 久仁子さん

07

n5-17-iro-8-120x120

豊島区駒込から全国に広がった
サクラの代表・ソメイヨシノ。

日本でサクラといえば、まず思い浮かぶのがソメイヨシノ。幕末から明治にかけて、染井(現在の駒込)の植木屋さんが売り出したのが最初とか。発祥の地である駒込では、花の季節に多彩なイベントが行われています。

花見の名所も多いですよ

n5-17-iro-8

情報提供

ハーベスト<豊島区南長崎> 大武 純夫さん

08

n5-17-iro-9-120x120

ファミリーマートが多いのは
本社が豊島区にあるからかも。

右を向いても左を見ても、ファミリーマートの姿が目立つ豊島区。区内に本社があることが、出店計画に影響しているのかもしれません。でも、たまにはローソンとかセブン-イレブンのオリジナル商品も買いたいなあ・・・なんて。

ファミリーマートがいっぱい

n5-17-iro-9

情報提供

(株)マイルドシティ<豊島区南池袋> 下島 涼子さん

09

n5-17-iro-10-120x120

さまざまなアジアン・フードが
気軽に楽しめる池袋周辺。

中国・韓国出身の人が多いせいか、ディープなアジアン・フードが並ぶ「池袋」駅周辺。西口の北側一帯では、チャイナタウンをつくろうという話もあったみたいです。本場の人がつくる本物の味を、ぜひ一度体験してみてください。

本場の人がつくる本物の味

n5-17-iro-10

情報提供

(株)パワープロパティ<豊島区池袋> 髙橋 美耶(みや)さん

10

n5-17-iro-11-120x120

環境にも財政にも利用者にも優しい
新しい豊島区役所は今春オープン!

最新の環境設計を取り入れながら、実質的な財政負担はほとんどゼロ。しかも、窓口は土・日曜日も開いている…皆が驚き喜んだ、新しい豊島区役所。この街で今、いちばんホットな話題だと思いますよ。

豊島区で一番の話題です

n5-17-iro-11

情報提供

(株)アブレイズ・コーポレーション<豊島区南池袋> 斎藤 仁美さん

11

n5-17-iro-12-120x120

文教の街・豊島区には、
鉄道員を育てる高校もあります。

その学校は昭和鉄道高校。1928年の開校以来、約1万8,000人の卒業生を送り出してきた、国内屈指の鉄道学校です。校内ではシミュレータによる運転実習があるほか、駅の改札やホームに立つ研修もあるらしいです。うらやましいなあ。

もちろん女性も学べます

n5-17-iro-12

情報提供

(株)TMホーム<豊島区池袋> 江澤 崇三さん

ニッポンの5当地

日本全国津々浦々の街を訪ね、その街に住む人、そこで働く街の不動産店の皆様に聞いた「エリアのいちばん」を5つのテーマに分けてお届けする連載シリーズです。

「ニッポンの5当地」バックナンバーを見る

ニッポンの5当地「豊島編」のご紹介

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME