暮らしのコト

麺は口ほどにものを言う~ご当地ヌードル探訪~

最後の一滴まで飲み干したい! 新潟県新潟市の「割りスープ付き濃厚味噌ラーメン」 

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

日本各地に根付いた「麺料理」を求めて、全国を巡る「ご当地ヌードル探訪」。今回は新潟県新潟市西蒲区巻へやってきました。ここは“鯛車”の街。鯛車とは、台車の上に鯛をモチーフにした灯籠を取りつけたものです。この土地では、江戸時代末期から昭和の中頃にかけて、お盆の夕暮れ時に、浴衣姿の子どもたちがろうそくを灯した鯛車を引いて町内を回る風習がありました。現在ではまち起こしの一貫としてその風習が受け継がれており、お盆の時期になると商店街の多くの店先に鯛車が置かれ、赤い光の灯る幻想的な風景を描き出しています。

DSC_9982

JR巻駅の待合室にも鯛車が飾られています。

DSC_9998

鯛車の名がついた「まき鯛車商店街」という中心商店街も巻駅のほど近くにあります。

DSC_0008

文化会館にある「鯛の蔵」では、鯛車の実物が飾られ、その歴史を知ることができます。

この巻にあるご当地ヌードルが、こまどり「味噌ラーメン」。名前こそただの味噌ラーメンですが、新潟5大ラーメンの1つ“割りスープ付き濃厚味噌ラーメン”の元祖といわれるラーメンなのです。新潟5大ラーメンとは、新潟市の“あっさりしょうゆラーメン”、三条市の“カレーラーメン”、長岡市の“長岡しょうがじょうゆラーメン”、三条・燕市の“背脂ラーメン”、そして、新潟市の“割りスープ付き濃厚味噌ラーメン”のこと。それぞれ新潟県内の各地域に根付いたラーメンで、人気TV番組でも紹介されるなど、ラーメン通から大きな注目を浴びています。今回は割りスープ付き濃厚味噌ラーメン発祥の味を確かめてきました!

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME