暮らしのコト

満腹御礼 ご当地肉グルメの旅

売り切れ続出! 米沢の人気弁当「牛肉どまん中」のおいしさの秘密に迫る

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

全国各地のウマい肉料理をお腹いっぱい食べ尽くしていく連載「満腹御礼 ご当地肉グルメの旅」。今回は山形県米沢市にやってきました。

山形県の最南端に位置し、福島県との県境にある米沢市は、上杉謙信をはじめとした上杉氏の城下町として栄えてきた街です。江戸時代の名君として知られる米沢藩9代目藩主、上杉鷹山がのこした「為せば成る、為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」という言葉は、歴史に詳しくない人でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

米沢市は特別豪雪地帯に指定されるほど雪深い街。

そんな米沢といえば、全国的に有名なブランド牛「米沢牛」をはじめとした牛肉料理が自慢です。市内には焼肉、しゃぶしゃぶ、すき焼きなど牛肉料理を味わえる店が数多くあります。

駅のホームにも米沢牛の像が設置されています。

そんな米沢の肉グルメの中でも、全国にその名を轟かす肉グルメがあります。それが牛丼弁当の「牛肉どまん中」です。関東から東北にかけての主要駅で販売されているだけでなく、各地の駅弁イベントにも引っ張りだこの人気者です。

そんな「牛肉どまん中」を生産するのが、JR米沢駅前にある「新杵屋」です。今回は総務部主任の亀山直人さんに「牛肉どまん中」についてお話を聞きました。

新杵屋の本社工場直売店は、米沢駅前にあります。2Fには、米沢牛料理が味わえる「食房 杵」も。

亀山さん「新杵屋は大正10年(1921年)に菓子店として創業しました。そして昭和32年(1957年)から、米沢駅で弁当の販売を始めました。最初に誕生したのは、今も人気の『元祖牛肉弁当』です。その後、発熱剤入りタイプのものや、幕の内弁当など商品の種類も増えていきました。そして、山形新幹線開通の翌年、平成5年(1993年)に『牛肉どまん中』を発売するに至ったのです」

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME