暮らしのコト

満腹御礼 ご当地肉グルメの旅

福井の“ヨーロッパ”で味わう「ソースカツ丼」と「パリ丼」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

全国各地のウマい肉料理をお腹いっぱい食べ尽くしていく連載「満腹御礼 ご当地肉グルメの旅」。今回は福井県福井市にやってきました。

福井市と言えば、戦国時代や江戸時代には城下町として大いに栄えた地域であり、まちなかのそこかしこでその歴史が感じられます。しかし、福井には実はもっと歴史のあるものもあるんです。

それが「恐竜」。隣接する勝山市が、恐竜の化石が多く出土する地域として知られ、出土した化石から、「フクイサウルス」や「フクイラプトル」といった名前をつけられた恐竜もいるほどです。福井駅前には、動き、鳴き声まであげる大きな恐竜の模型が設置されています。恐竜は、福井市のランドマークになっているんですね。

福井駅前の「恐竜広場」は大迫力です!

そんな福井では、人気の食べ物にも深い歴史があります。今回は、福井の飲食店の中でも、最も有名な店のひとつに挙げられる「ヨーロッパ軒」に伺いました。

こちらで食べられる、歴史のある肉グルメとは、「カツ丼」。いまや全国で当たり前に食べられているカツ丼ですが、今回お話を聞いた「ヨーロッパ軒総本店」は、“カツ丼発祥の店”と言われているんです。

福井では、知らない人はいない有名店。週末には地元客・観光客で行列ができます。

店内は1階2階合わせて60席あり、くつろげるお座敷席もあります。

今回、ヨーロッパ軒のカツ丼について語ってくれるのは、4代目の高畠輝成さんです。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME