暮らしのコト

満腹御礼 ご当地肉グルメの旅

尼崎の「ホルモン丼」は旨味と食感が心をつかんで離さない!

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

全国各地のウマい肉料理をお腹いっぱい食べ尽くしていく連載「満腹御礼 ご当地肉グルメの旅」。今回は兵庫県尼崎市にやってきました。

尼崎市は兵庫県の南東端。大阪までは電車で最短5分、市外局番も大阪市などと同じ「06」と、大阪の文化圏に近い地域です。今回訪れた南部は、阪神工業地帯の中核を担った工業地帯として知られています。

尼崎市南部の工場地帯。最近は工場夜景が人気の地域です。

そんな尼崎でよく食べられている肉グルメが「ホルモン」です。尼崎の精肉店では、特製のタレで炒めた「ホルモン焼き」が売られていることが多く、親しみを込めて「軒先ホルモン」と呼ばれています。

濃いめの味付けをしたホルモンは、酒のつまみから晩御飯おかず、子どものおやつまで、尼崎の人々の舌を楽しませています。

そんなホルモンが愛されている尼崎で、特に注目されているメニューがあるということで、今回やってきたのは、阪神電鉄武庫川駅から徒歩17分ほどの場所にある「杉本食堂」です。店は大阪湾からほど近く、周りには工場が多く建ち並びます。

道沿いに看板がなければ、本当にお店があるのか信じれないような工場地帯です。

こちらが杉本食堂。実は、今回のお目当ては表に出ている「ホルモンうどん」ではなく…。

店の中は、昔ながらの食堂といった落ち着く雰囲気です。迎えてくれたのは店主の杉本永治さんと、奥さまの景淑さん。

杉本さん「本当に、工場地帯の真ん中にあって驚いたでしょう? もともと、私の母が自宅の一角を改装して、工場で働く人のために60年ほど前に開いたお店なんです。それをいま、私が受け継ぎ、妻と一緒に営んでいます。常連さんからは親しみを込めて『尼崎最南端の食堂』なんて呼ばれたりもしますよ」

店内の手書きメニューは、どれも親しみやすい食堂価格です。

さて、今回注目の肉グルメとして取り上げるメニューを紹介しましょう。それは「ホルモン丼」です!

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME