暮らしのコト

土地の魅力が凝縮! 全国「道の駅」めぐりの旅

会津の「おいしい」が詰まった「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

全国の道の駅を巡る連載、今回は福島県は会津地方にやってきました!

会津と言えば、400年以上の歴史を今に残す城下町が知られており、豊かな自然や三十三観音巡りなど観光地も多い福島県有数の人気スポットです。特にランドマークの鶴ケ城は、国内唯一の赤瓦天守閣で、幕末当時の姿を現在でも拝めることから、歴史ファンに非常に愛されています。

そんな会津地方で、「会津のへそ」と呼ばれる会津盆地の中心地に位置し、米どころとして知られている湯川村、そして醤油や味噌の蔵元がある会津坂下町の境目にあるのが、今回紹介する「道の駅あいづ 湯川・会津坂下」です。

その広大な田園風景から、「村自体が一枚の田んぼ」のような湯川村。

その広大な田園風景から、「村自体が一枚の田んぼ」のような湯川村。

 道の駅あいづは、湯川村と会津坂下町の境目にあり、両自治体に共同運営されています。


道の駅あいづは、湯川村と会津坂下町の境目にあり、両自治体で共同で整備され、運営されています。

福島県有数の米どころであり、この時期は新米の収穫で大いに盛り上がっていました。

福島県有数の米どころであり、この時期は新米の収穫で大いに盛り上がっていました。

この日は平日の午前中にも関わらず、駐車場がほぼ満車という盛況ぶり。早速、道の駅の施設内に入ってみましょう。入ってすぐにあるのはエントランス。広々とした天井に、多くの人が行き交います。「このエントランスは道の駅の中でも、最も力を入れている場所なんです」と語るのは、株式会社湯川会津坂下の取締役で、駅長の神田武宜さん。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME