暮らしのコト

満腹御礼 ご当地肉グルメの旅

伊豆の新名物“イズシカ”を使った「イズシカめんち定食」で環境保全!

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

全国各地のウマい肉料理をお腹いっぱい食べ尽くしていく連載「満腹御礼 ご当地肉グルメの旅」。
今回やってきたのは静岡県静岡市清水区由比です。

駿河湾に面した由比は「桜えびの街」として全国的に有名です。それもそのはず、現在、国内産として販売されている桜えびは100%、由比を含む駿河湾産のものなのです。漁期は春と秋の年2回あり、よく晴れた日には浜辺で桜えびを干しているところを見ることができます。その様子は由比の風物詩で、浜辺一面ピンク色に染まる美しい風景を一目見ようと、遠方から訪れる人もたくさんいます。

由比港には桜えびのモニュメントも建っています。

由比港には桜えびのモニュメントも建っています。

港は漁の解禁をいまかいまかと待つ船であふれていました。

港は漁の解禁をいまかいまかと待つ船であふれていました。

由比駅前の通りのゲートサインもやっぱり桜えび。

由比駅前の通りのゲートサインもやっぱり桜えび。

しかし、今回はご当地肉グルメの旅、紹介するのは桜えびではありません。由比では「鹿肉」を使った珍しい定食があるのだとか。しかも、そのメニューは地元の環境保全にもつながっているそうです。一体どういうことなのか、その定食を提供している店「ごはん屋さくら」へ向かいます。

桜えびにちなみ、かわいい桜色のごはん屋さくら。

桜えびにちなみ、かわいい桜色のごはん屋さくら。

中へ入ると店主の伊藤忠雅さんが出迎えてくれました。こちらで食べられる鹿肉を使った定食とは、どんなものなのでしょう?

店内は小上がりもあり、家族で来てもゆったりと食事が楽しめるつくり。

店内は小上がりもあり、家族で来てもゆったりと食事が楽しめるつくり。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME