暮らしのコト

満腹御礼 ご当地肉グルメの旅

ビジュアルと味で2度驚く!大阪府豊中市の「ワニ肉料理」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

全国各地のウマい肉料理をお腹いっぱい食べ尽くしていく連載「満腹御礼 ご当地肉グルメの旅」。
今回やってきたのは大阪府豊中市です。

豊中市は大阪市の北側にあり、人口は約40万人と府内で5番目の規模です。市内北西部には大阪国際空港(伊丹空港)があり、日本各地への空の便を支えています。

さらに、豊中市はスポーツ(大会)の発祥の地としても知られています。「全国高等学校野球選手権大会」の現在の舞台は阪神甲子園球場ですが、その前身となった「全国中等学校優勝野球大会」の第一回大会(1915年)が行われたのは、豊中市玉井町三丁目にあった豊中グラウンドだと言われています。

また、同グラウンドで1918年に行われた「第一回日本フートボール優勝大会」が、高校ラグビー・サッカーの発祥と言われています。中学・高校アメリカンフットボールのルーツとされる「府立豊中高校(旧制豊中中学校)」もあり、現在のさまざまなスポーツの歴史が、豊中市から始まっているのです。

そんな豊中市にやってきたのは、全国的にも珍しい「ワニ肉」を使った料理をご当地グルメとしてPRする活動をしている人々がいると聞いたためです。なぜ豊中でワニ肉なのか? ワニ肉料理とは一体どんなものなのか? 期待を胸に抱きつつお店に向かいます。

今回訪れたのは“ワニ肉イタリアン”を掲げる「coccodrillo(コッコドリッロ)」です。阪急電鉄宝塚線服部天神駅からすぐの場所にあります。

こちらがcoccodrillo。ワニ皮模様をあしらった大きな看板が特徴です。

こちらがcoccodrillo。ワニ皮模様をあしらった大きな看板が特徴です。

テーブル席の他にもカウンター席もあり、広々したおしゃれな店内です。

テーブル席の他にもカウンター席もあり、広々したおしゃれな店内です。

お店に入るとオーナーシェフの津留直大さんが迎えてくれました。豊中市でなぜ今、ワニ肉料理が話題になっているのでしょう?

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME