暮らしのコト

土地の魅力が凝縮! 全国「道の駅」めぐりの旅

宇宙のロマンとノーベル賞受賞に沸く「道の駅 宙ドーム・神岡」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

全国から注目の道の駅をご紹介する『全国「道の駅」めぐりの旅』、今回は岐阜県飛騨市神岡町にやってきました。神岡町は岐阜県の最北端に位置し、飛騨の山々に囲まれたのどかな町です。 奈良時代から採掘が始まったと言われている鉱山とともに歩んできた町で、鉱山採掘最盛期の昭和30年代には、その産出量から「東洋一の鉱山の町」と称されるほどでした。現在も町の各所に当時の面影が見られ、昭和ノスタルジーを感じられる街並みが訪れた人たちを楽しませています。 この神岡町、昨年から日本国内だけではなく世界から注目される町となっています。そのきっかけは昨年、東京大学の梶田隆章教授が「素粒子ニュートリノ」に関する研究でノーベル物理学賞を受賞したことに関わっています。実はこの神岡町には、ニュートリノ研究で重要な観測施設「スーパーカミオカンデ」があるんです。 この施設には神岡鉱山内の地下1,000mに位置し、5万トンの超純水を蓄えたタンクと、その壁に設置された「光電子増倍管」と呼ばれる約1万以上の光センサーなどが設備されています。この施設で観測が開始されたのは、1996年4月1日。今年、2016年4月1日で、観測開始20週年を迎えました。

カミオカンデをあしらった看板がお出迎えしてくれました。

カミオカンデをあしらった看板がお出迎えしてくれました。

さて、今回の目的地は、長野自動車道松本ICから一般道を走ること2時間ほど。公共交通機関ではJR高山本線飛騨古川駅よりバスで45分ほど揺られると到着します。 新緑の山々を颯爽と駆け抜け、到着しました。こちらが今回ご紹介する「道の駅 宙(スカイ)ドーム・神岡」です! 銀色の外観がどこか未来的な印象を受けます。

宙ドーム・神岡の外観。ドーム状の建物と、アーチを描いた建物の二つからなっています。

宙ドーム・神岡の外観。ドーム状の建物と、アーチを描いた建物の二つからなっています。

入口に近づくと梶田教授を祝う横断幕がかけられていました。

入口に近づくと梶田教授を祝う横断幕がかけられていました。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME