暮らしのコト

満腹御礼 ご当地肉グルメの旅

台湾の夜は屋台でくいだおれ!夜市で見つけた口福肉グルメ【後編】

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

全国各地のウマい肉料理をお腹いっぱい食べ尽くしていく連載「満腹御礼 ご当地肉グルメの旅」。前回『台湾人熱愛!「ハオツィー」連発伝統的肉グルメ【前編】』に引き続き、台湾の肉グルメをご紹介します。

台湾旅行において、最大の楽しみともいっていいのが、「夜市」探索でしょう。首都圏の台北に限らず、台湾の多くの町では、夕方になると屋台が出始め、日が暮れる頃にはいくつもの屋台が集まり、夜市が開かれています。

昼間は普通の道路を封鎖し歩行者天国にして屋台を出します。どこの夜市も多くの人で賑わいます。

昼間は普通の道路を封鎖し歩行者天国にして屋台を出します。どこの夜市も多くの人で賑わいます。

台湾の夜市文化は、200年以上もの歴史があると言われています。諸説あるようですが、始まりは開墾の労働者向けに天秤棒に料理を載せて売り歩いていた人たちが、廟(寺)に人々が祈りに集まってくるのに合わせ、露店を出すようになったことに起因するのだとか。その露店がだんだん数を増やし、夜市の元になったということです。

今や夜市はその規模も内容も発展し、台湾観光の目玉の一つになりました。毎日のように利用する地元客から海外旅行者まで、老若男女が入りまじり、それぞれが思い思いに楽しみ、笑顔であふれています。

そんな集まってくる人々の目的はやっぱり「安くて」「おいしい」屋台グルメです。前回は地元で愛されている伝統料理を紹介しましたが、今回の台湾肉グルメ後編は、台北で開かれる3つの夜市の中から、台湾観光に訪れたらぜひ味わいたい有名な肉グルメを紹介したいと思います。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME