暮らしのコト

満腹御礼 ご当地肉グルメの旅

台湾人熱愛!「ハオツィー」連発伝統的肉グルメ【前編】

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

全国各地のウマい肉料理をお腹いっぱい食べ尽くしていく連載「満腹御礼 ご当地肉グルメの旅」。今回は夏休みの特別編ということで、なんと日本を飛び出し、台湾へやってきました!!

台湾は、日本から飛行機で約4時間と、アクセスの良さもあって、年間を通して多くの日本人観光客が訪れます。面積は九州と大体同じ大きさで、人口は約2350万人。お金の単位は「元」。台湾ドルとも呼ばれます。1元は3.5円前後(2016年7月末現在)です。

台湾は日本と同じ島国で、周囲を海に囲まれています。自然も多く、農業も盛んです。そのため海の幸、山の幸、野菜、穀物に昔から恵まれてきました。またそれらの生産物を飼料として、畜産も盛んに行われています。この潤沢な食材に、中国本土から伝わってきた各地方の料理の文化、台湾にもともと住んでいた16の民族の料理の文化が混ざり合い、独自の食文化が現在まで根付いています。

台北の国立故宮博物院には白菜を模した「翠玉白菜」、豚の角煮を模した「肉形石」という、世界的にも有名な宝物が所蔵されています。食を象徴する国宝があることからも、台湾の人々が「食」を大事にしてきたことがよくわかりますね。

そんな台湾の激ウマ肉グルメを、前・後編に分けてご紹介したいと思います。
前編は台湾人が“熱愛”する「伝統的肉グルメ」篇です。

日本から台湾へ訪れる際に利用する主な空港は二つ、台湾桃園国際空港と台北松山空港です。今回は台北中心部へのアクセスのしやすい松山空港に降り立ちました。

 松山空港に到着しました。台北中心部へは地下鉄以外にバス、タクシーもあります。

松山空港に到着しました。台北中心部へは地下鉄以外にバス、タクシーもあります。

松山空港直結の松山機場駅から地下鉄を乗り継ぎ、まずやってきたのが信義線東門駅から徒歩5分ほどのところにある「永康牛肉麺」さんです。

台湾伝統肉グルメ一品目は、店名にも付いている「牛肉麺(ニューローミェン)」です!

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME