暮らしのコト

麺は口ほどにものを言う~ご当地ヌードル探訪~

“ちいたんたん”まで食べて初めて完食! 盛岡三大麺「じゃじゃ麺」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

日本各地に根付いた「麺料理」を求めて、全国を巡る「ご当地ヌードル探訪」。今回は岩手県盛岡市へやってきました。県内で最も人口の多い盛岡は、南部氏が築いた盛岡城を中心に発展した街。城跡は公園として整備されています。

城跡がある岩手公園の碑。近年になって盛岡城跡公園という愛称がつけられています。

城跡がある岩手公園の碑。近年になって盛岡城跡公園という愛称がつけられています。

その公園内に鎮座する南部藩の総鎮守・桜山神社の正面に広がる、堀に囲まれたレトロな桜山商店街が今回の目的地。ここに「わんこそば」や「盛岡冷麺」と並ぶ盛岡三大麺のひとつとして知られる「じゃじゃ麺」発祥の店があるのです。

桜山神社と桜山商店街。時代が昭和で止まってしまったかのようです。

桜山神社と桜山商店街。時代が昭和で止まってしまったかのようです。

似た料理に、黄色い中華そばに甘いみそをのせた「ジャージャー麺」がありますが、あくまで別物。その一皿は盛岡独特の食文化が育んだ、ソウルフードと呼ぶべき存在です。発祥の店「白龍」で、確かめてきました!

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME