家のコト

ためしてわかった最新アイテムレポート

ストロングタイプは通常の3倍硬い!「男の快眠の為」にできたマットレス

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

近年、オーダーメイド枕や冷感布団など、寝具への注目が高まっています。疲れをとって毎日をすこやかに過ごすためにも、やはり睡眠環境にはこだわりたいですよね。

中でも今話題となっているのが「マットレス」。目立たない存在ですが、これが睡眠環境に大きく影響するそうです。そんなブームにも乗って、注目の商品が登場しました。その名も、「俺の為のマットレス」。明確にターゲットを指すネーミングからわかるように、「男性向けマットレス」なのです。

これが「俺の為のマットレス」。デザインもブラウン調でシック。

これが「俺の為のマットレス」。デザインもブラウン調でシック。

「瞬足」などのシューズで知られるアキレス社が1960年代から取り組んできたウレタン製造のノウハウを活かして作り上げた、硬めでタフなマットレスです。

これまでのマットレスは、男女ともに使えるような仕様に設計されていたので、女性よりも体格の大きい男性は体圧をうまく分散できず沈み込みすぎてしまうことがありました。

このマットレスは、身体をしっかり支え、ほどよい弾力性があるため、寝返りがしやすくなっています。また、腰痛や肩こりの原因にもなる身体の「沈み込みすぎ」を軽減してくれます。

■あなたはどっちにする? 選べる2タイプ

早速、両方を試してみました! 「俺の為のマットレス」には「Standardタイプ」と「Strongタイプ」の2つのタイプがあります。

「Standardタイプ」は、頭や脚の部分はふんわりと包み込むように身体にフィットしますが、腰部はしっかりとした安定感。寝転がっているだけで、マッサージされているような気持ちよさです!

「Standardタイプ」の頭部、脚部の面には、凹凸加工がされており、包み込むような感触です。

「Standardタイプ」の頭部、脚部の面には、凹凸加工がされており、包み込むような感触です。

 

一方、腰部の部分には硬めのウレタンを使用し、腰の沈み込みを防ぎます。

一方、腰部の部分には硬めのウレタンを使用し、腰の沈み込みを防ぎます。

「これなら、マットレスの上に布団を敷かずに、そのまま寝てもいいのでは?」と思うほど。そんな需要の為に、同社では男性の部屋になじみやすいカバーデザインにしているのだとか。カバーは吸水速乾加工が施され、完全に外せるので、寝汗をかいても洗濯できます!

一方の「Strongタイプ」は「体重100kgの人が乗っても、腰が床に着かない」というだけあって、さすがにとっても硬い! その分、寝返りがしやすく快適に眠れそうですね。

ちなみに、マットレスの硬さは「N(ニュートン)」という数値で表され、一般的には100N以上が「硬め」のマットレスとされるそうですが、「Strongタイプ」の腰部の部分は、驚愕の300N超え! なんと通常の3倍硬いというから驚きです。

「ストロング」のウレタンは、この密度感。厚みは10cm。

「Strongタイプ」のウレタンは、この密度感。厚みは10cm。

 

写真右側の腰の部分は、カステラかと思うほど切れ目の間隔も広い。この広さでしっかりと腰部を支える。

写真右側の腰の部分は、カステラかと思うほど切れ目の間隔も広い。この広さでしっかりと腰部を支える。

アキレス社によると、売れ行きも想定以上で、意外にも「より大柄な男性」向けの「Strongタイプ」が一番人気だとか! また現在は、筋肉質で一般人よりも体重が重く、身体のケアにこだわるスポーツ競技者からも反響があるそうです!

スポーツも寝具も、“下地”が大事なんですね。

俺の為のマットレス(アキレス)
「Standardタイプ」1万3500円(税込)
http://achilles-webshop.com/SHOP/MATO054.html
「Strongタイプ」1万9980円(税込)
http://achilles-webshop.com/SHOP/MATO055.html
※記事中の情報は2014年6月19日現在のものです。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

RANKING

MATOME