暮らしのコト

それいけ!ご当地スーパー探検隊

見て・知って・食べる「体感型」のベジスーパー

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

at home VOXが地域密着型のご当地スーパーを訪ね、そのユニークな魅力をお伝えする「それいけ!ご当地スーパー探検隊」。今回は、東京で常に「住みたい街」上位を争うエリア・吉祥寺へ。今年1月、吉祥寺駅併設のショッピングセンターにできたスーパー「Oisix CRAZY for VEGGY(オイシックス クレイジー フォー ベジー )アトレ吉祥寺店」を訪れました。

いつもにぎやかな吉祥寺の駅前。

いつもにぎやかな吉祥寺の駅前。

このお店の母体であるOisix(おいしっくす)は、有機野菜などこだわりの食材の宅配で人気のネットスーパー。宅配で培われたノウハウは、「体感型スーパー」というお店のコンセプトに活かされているそうです。

■野菜に「夢中になれる」スーパー

お店に入るやいなや、色とりどりの野菜がお出迎え。

お店に入るやいなや、色とりどりの野菜がお出迎え。

「店名にある『CRAZY for VEGGY』は、『野菜に夢中になる』という意味なんです。83坪の店舗の中に、いろいろな工夫を凝らしているんですよ」

そう語るのは、オイシックス株式会社広報室の上田さん。さっそく店内を散策して、「野菜に夢中」になれるアイデアを探してみました。

農家で使われていた本物のトラクター。試乗OK。

農家で使われていた本物のトラクター。試乗OK。

 

パッと目を引くキャッチーなPOP

パッと目を引くキャッチーなPOP。

野菜が語りかけてくるようなPOPに引き込まれ、思わず足を止めてしまいます。さらに店内には、「野菜の気持ち」を体感できる部屋もありました。

「エクストラフレッシュルーム」なる部屋。扉を開けると……。

「エクストラフレッシュルーム」なる部屋。扉を開けると……。

 

中はひんやり! 3℃前後に保たれた室内には、葉物の野菜たちがいっぱいです。

中はひんやり! 3℃前後に保たれた室内には、葉物野菜がいっぱいです。

実はここ、野菜の鮮度を維持するための低温貯蔵室なのです。お客さん自らが立ち入って、野菜が最も気持ちいいと感じる温度を体感できるのです。ベストな品質に保たれ生き生きとした野菜は、実際に手にとって吟味して、そのまま買うことができます。

■本当においしい野菜との出逢いが待っている

店頭に並べられる野菜の多くが、契約農家仕入れのもの。なかには、一風変わった珍しい野菜も多く並んでいます。取材時には、春から初夏にかけて旬であるカブと、まさにこれからが旬のカボチャがプッシュされていました。しかし、ただのカブとカボチャではありません!

ジューシーな「ピーチかぶ」。

ジューシーな「ピーチかぶ」

 

生で食べられるカボチャ。その名も「かぼっコリー」。

生で食べられるカボチャ。その名も「かぼっコリー」

 

コリコリとした食感! やみつきになります。

コリコリとした食感! やみつきになります。

試食品が多いのも、このお店ならでは。「珍しい野菜が多く、食べ方を知ってもらいたいから」と上田さん。例えば、かぼっコリーは浅漬けにして出されていました。

お店で一、二を争う人気野菜、「みつトマト」。

お店で一、二を争う人気野菜、「みつトマト」。

みつトマトは、これもその名の通り、みつのようにジューシーな甘さが口いっぱいに広がるトマト。トマトはこれ以外にも多くの品種があるため、「トマトバイキング」というコーナーが設けられていました。(※「トマトバイキング」はシーズンによって実施しない場合があります。)

複数の品種を、カップいっぱいに好きなだけ詰められるんです。トマト好きにはたまりません!

複数の品種を、カップいっぱいに好きなだけ詰められるのです。トマト好きにはたまりません!

 

■野菜を使ったユニークなデリが充実

おいしい野菜が食べたいけれど「料理をする時間がない」「食材を余らせたくない」という人は少なくないはず。そんな人のために、お店にはデリコーナーも併設されています。

「選べるサラダ」というコーナーでは、ベースのサラダに、チキンや山菜などのトッピング、さらにドレッシングを選び、自分好みのサラダを作ってくれます。

トッピングは日替わり。「インカのめざめ」などのブランド品も。

トッピングは日替わり。「インカのめざめ」などのブランド品も。

一方、お総菜のコーナーにもひと工夫が加えられています。例えば、「ブロッコリーパテのカツレツ」。カツレツですが、具の種をブロッコリー入りのパテにすることで、あくまで野菜が料理の中心となるように作られています。

「ブロッコリーパテのカツレツ」。ほんのり効いたニンニクが食欲をそそります。

「ブロッコリーパテのカツレツ」。ほんのり効いたニンニクが食欲をそそります。

デリは単品はもちろん、メインデリ1種とサイドデリ1種、そしてサラダデリ1種を選び、パンかライス、またはルイボスティーと組み合わせて楽しむこともできます。この「選べるデリ」は一式で980円。

デリのほかにも気になったのが、「Kit Oisix 簡単調理キット」。キットの中に食材とレシピカードが入っていて、20分あれば主菜と副菜ができてしまうというすぐれもの! 「時間はあまりないけれど、何か手作りして食べたい」「晩ご飯のメニューが思いつかない」。そんな時にとても重宝しそうです。

「KitOisix 簡単調理キット」。合わせ調味料も入っています。

「KitOisix 簡単調理キット」(2人前980円)。合わせ調味料も入っています。

野菜を見て、知って、食べて。五感のすべてが刺激され、いつの間にか「野菜に夢中」になる。「Oisix CRAZY for VEGGY」は、まさに「体感するスーパー」でした。これから夏にかけては、「高原レタス」や、とろけるような食感のなす「トロナス」が旬とのこと。季節が変わるたびに、また新しい魅力にハマりそうです。

  • 店舗情報Oisix CRAZY for VEGGY アトレ吉祥寺店
    住所:東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-24 アトレ吉祥寺 1番街(東館)地下1階
    営業時間:10:00〜21:00(アトレ吉祥寺に準じる)
    https://www.oisix.com/
  • 次回予告次回は、東京都「福島屋」をご紹介します!

※記事中の情報・価格は取材当時のものです。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

RANKING

MATOME