家のコト

ためしてわかった最新アイテムレポート

色を自由に操れる電球「PLAYBULB color」で、気分に合わせてお部屋をカラーチェンジ!

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

疲れて帰ってきて、まずリラックスするマイルームは、自分だけの癒しの空間。たまには照明や音楽にこだわって、いい時間を過ごしたいものですよね。
そんな時、ぜひとも取り入れてみたい、光の色を自由自在に操れる電球「PLAYBULB color」。自宅にある天井照明や間接照明の電球と付け替えるだけで、専用のアプリを使って光の色を変化させられるLED電球です。「光の色を変える」というと、何だか大がかりな仕掛けが必要そうですが、実際はどんなアイテムなんでしょうか?

これが「PLAYBULB color」。一見、普通の電球のように見えますが、実物は通常より大きくて、重量感があります。

これが「PLAYBULB color」。一見、普通の電球のように見えますが、実物は通常より大きくて、重量感があります。

色を操作せずに点けてみると、普通の電球と同じように使えます。

色を操作せずに点けてみると、普通の電球と同じように使えます。

■専用アプリをダウンロードして、電球の色を自由に操作!

さっそく、「App Store」から専用アプリ「PLAYBULB X」をダウンロードして、使ってみました。

使う前に、App Storeから専用アプリ「PLAYBULB X」をダウンロード。

使う前に、「App Store」から専用アプリ「PLAYBULB X」をダウンロード。

スマホのBluetooth機能をオンにしてからアプリを起動すると、自動的に電球を探し出してくれます。1つのiPhoneで2つの電球を接続して、同時に色を操作することも可能なのだとか。

スマホのBluetooth機能をオンにしてからアプリを起動すると、自動的に電球を探し出してくれます。1つのiPhoneで2つの電球を接続して、同時に色を操作することも可能なのだとか。

操作画面は、指先ひとつでカラーパレットから好みの色味を選んで押すだけ!! 本当に簡単に、電球の色が変わっていくので驚きました!

01_red_re_DSC_0064 02_blue_re_DSC_0067
基本の赤、青、緑。

基本の赤、青、緑。

赤と青の中間あたりでちょうどいいところを選べば、ピンク色の光に。「レインボー」など、さまざまな色が交互に点滅するパターンもあります。

赤と青の中間あたりでちょうどいいところを選べば、ピンク色の光に。その他、さまざまな色が交互に点滅する「レインボー」などもあります。

使ってみるとわかりますが、カラーパレットの上を指でなぞると、指の動き通りに色がなめらかに変化していき、「ピンク」「オレンジ」「水色」などのかなり繊細な色味まで表現できました。ライトの明るさもパレットの下のツマミで調節できるので、微妙な好みにも対応してくれるのが嬉しい。
ライトの色を「赤」にして、テンションを上げたり、逆に「青」にしてリラックス効果を狙ったり……。女子力を高めたいときは「ピンク」にしてみたり、気分次第で色を使い分けて楽しみたいですね!

■スピーカー内蔵で、音楽を流せる機能も!

さらに、「PLAYBULB color」の機能は、ライトの色を変えるだけではありません。先ほどとは別の専用アプリ「PLAYBULB」をダウンロードすれば、天井に吊るしたライトをスピーカー代わりにして、好きな音楽を流すこともできるんです!

気づきましたか? ライトの先端部分に空いている隙間。ここから音が流れてくるんですね。

気づきましたか? ライトの先端部分に空いている隙間。ここから音が流れてくるんですね。

これが、音楽を流すための専用アプリ「PLAYBULB」。

これが、音楽を流すための専用アプリ「PLAYBULB」。

今回は、置き型の電気スタンドで試しましたが、天井に着けるライトがスピーカー代わりになるとすれば、上から音楽が降り注ぐことに。「音を浴びる」ような感覚で、より幸せな空間を味わえそうですね。
しかも、驚くことに目覚まし機能までついているので、音楽のシャワーで目覚めれば、一日をスッキリした気持ちでスタートできそうです。

■もっと手軽に使うなら、キャンドルタイプを

「PLAYBULB」シリーズには、2種の電球の他に、LEDで光るタイプのキャンドルもあります。キャンドルタイプは机の上に置いておくだけでいいので、電球よりも手軽に使えると言えますね。

単3電池3本を使って動く「PLAYBULB candle」。

単3電池3本を使って動く「PLAYBULB candle」。

左斜め下の小さな黒い穴は空気センサーになっていて、ここに息を吹きかけることで明かりのON/OFFの操作ができます。

左斜め下の小さな黒い穴は空気センサーになっていて、ここに息を吹きかけることで明かりのON/OFFの操作ができます。

色の変え方は電球と同じ要領で、自在に操ることができます。電球と連動させることも可能。

色の変え方は電球と同様アプリを使って、自在に操ることができます。電球と連動させることも可能。

調光・調色だけでなくカラーチェンジまで、一つの電球で色を自由に操ることができれば、毎日の生活が、もっと彩り豊かなものになりそうですね。LEDタイプなので、長持ちするところも頼もしい!
日常生活を楽しむツールとして、取り入れてみてはいかがですか?

PLAYBULB color 価格:9,800円(税別)
PLAYBULB candle 価格:2,500円(税別)
http://www.playbulb.com/jp
(MIPOW)
※記載の情報は2015年1月8日現在のものです。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

RANKING

MATOME