街のコト

ふるさと納税で「VAIO Z」! 安曇野市がスタート…オリジナルの刻印も

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

(Jタウンネットより)

「VAIO Z」(画像提供:VAIO株式会社)
「VAIO Z」(画像提供:VAIO株式会社)

人気のふるさと納税だが、お礼の品もどんどん豪華になっている。長野県安曇野市では、2005年に旧5町村の合併により同市が誕生してから今年で10周年を迎えるため、特別記念品を用意したと、2015年6月1日の同市ウェブサイトで発表した。

従来は農産物や加工品など4種類だけだったが、今年は20種類を超えるという。いずれも安曇野産にこだわった特産品ばかりだが、なかでも目立つ特別記念品が人気のノートパソコン「VAIO Zシリーズ」だ。30万円以上と40万円以上の寄附の場合のお礼として、「VAIO Z」2機種が登場した。

「VAIO Z」(画像提供:VAIO株式会社)

「VAIO Z」(画像提供:VAIO株式会社)
安曇野ふるさと寄附特別仕様の刻印(画像提供:VAIO株式会社)

安曇野ふるさと寄附特別仕様の刻印(画像提供:VAIO株式会社)

実は、VAIO株式会社の本社は安曇野市内にある。同社は昨年7月、SONYから独立し、ここ安曇野から新たな一歩を踏み出した。SONY時代は1000人を超える大きな事業部だったが、安曇野には240人が結集し、小さなPCメーカーとして再出発した。「自由だ。変えよう。」という宣言の下、固定概念から脱却した斬新なPCづくりを目指している。

「VAIO Z」は安曇野で開発された新規開発モデルである。商品企画から設計、製造、品質保証、試作、量産と全工程において全員が参加した「メイド イン 安曇野 モデル」とのこと。「made in azumino japan」という安曇野ふるさと寄附特別仕様の刻印を入れることも可能だ。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME