家のコト

1人暮らし初心者注目! プロが教える敷金が返ってくる部屋の使い方アドバイス

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

敷金のイラスト

4月から一人暮らしを始めたみなさん、もう慣れましたか? 家具やインテリアもそろって、暮らしやすくなってきた頃ではないでしょうか。もしかしたら逆に気を抜いてしまって、部屋が汚れたり物がゴチャゴチャしてくる頃かもしれませんね。

一部の地域を除いて、多くの人が契約の際に「敷金」と「礼金」を払ったと思います。

敷金とは賃貸物件に入居する際、最初に預けるお金で、退去時には返金されます。ただし、家賃を滞納したり、故意や大きな過失で部屋を汚したり傷つけたりしてしまうと、敷金からその分の実費を差し引かれることがあります。敷金の相場は物件や地域によって異なりますが、家賃の1~3カ月分となっているところが多いようです。

ちなみに礼金とは、大家さんに対して「部屋を貸してもらうお礼」として支払うお金。おもに関東で見られる制度で、家賃の1~2カ月分が多いとか。こちらはお礼なので返ってくるものではありません。

関西ではこの敷金・礼金の代わりに、「保証金」と「敷引き」という制度があります。保証金の相場は物件により幅がありますが、家賃の1~5カ月分くらい。このうち、退去時の原状回復費用として、汚損の程度に関係なく一定の金額を「敷引き」として大家さん側が徴収します。

※出典:アットホーム「借りたい人の部屋探しマニュアル 住まいを借りるのに必要な初期費用とは?」

預けただけとはいえ、一度支払ったものが戻ってくるのは嬉しいですよね。でもそれには、退去時の部屋の状態がいい必要があるのです。

では、そのために部屋をどう使えばいいのでしょうか? 住まいのプロ・アットホーム加盟店のスタッフにズバリ聞いてみました。

一言で言えば「部屋をきれいに使うこと」。そこでさらに踏み込んで、具体的にどうすればいいのか細かいアドバイスをもらいました!

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME