暮らしのコト

地域密着 愛されご当地パン

まるでお弁当のようなパン!? 秋田県秋田市の「学生調理」

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

地域で愛されているパンを探して、全国各地をゆく「地域密着 愛されご当地パン」。今回はボリューム満点のユニークなパンが秋田にあると聞きつけて「たけや製パン」にやってきました。 たけや製パンは今年で創業66年目を迎える老舗製パン会社。菓子パンから調理パンまでさまざまなパンを製造しています。県内の小売店や学校の売店には“たけやのパン”が並び、秋田では誰もが知る製パン会社と言えます。

DSC_0141

たけや製パンの調理パンを製造するのが関連会社のリベール。今回はリベールの工場を見学させてもらいました。

今回のお目当ては、たけや製パンの数ある調理パンのなかでも1番人気だという「学生調理」です。パンかどうかも分からない変わった商品名ですが、一体どんなパンなのでしょうか? たけや製パン企画課長の加藤勇人さんと、リベールで調理パンの製造管理をする次長の佐藤保さんに紹介していただきましょう。それでは早速、ご当地パンを拝見!

IMG_7599

これが学生調理。パッケージにも「パン」という言葉はどこにもありません。

IMG_7650

ロールパンに挟まれているのは、左からフライ、サラダ、スパゲティ。

なんと3種類もの具材がサンドされ、かなりボリューミーです! どちらから食べようか迷っていると…。

佐藤さん「秋田県民の間でもフライ側から食べる派とスパゲティ側から食べる派で分かれるんですよ。ちなみに私はフライ側から食べて、麺を〆にしています(笑)。お好みでどうぞ」

それでは、今回はフライ側からいただいてみましょう。フライの衣にはソースがしっかり染みてしっとりとした食感です中身はソーセージのようで、噛むほどに肉の旨味が広がります。真ん中のサラダは、キャベツとコーンマヨネーズであえられており、シャキシャキとした食感まろやかな味わいが楽しめます。そしてスパゲティは、甘めのトマト味どこか懐かしさを感じるナポリタン! パンは主張の少ないシンプルな味で、しっかりと味のついた具材とバランスがとれています。 食べているとどこか懐かしくなるような、家庭的な味わいのパン。それもそのはず、その具材は全て手作りなのです。

佐藤さん「フライの具材は魚肉ソーセージで、自家製のパン粉をまぶして揚げています。ソースもケチャップをベースにウスターソース、砂糖、塩などで作ったオリジナルのものです。サラダはキャベツとコーンをマヨネーズ、塩、ブラックペッパーであえています。フライとナポリタンというがっつり系の具材の間で箸休め的な役割ですね。ナポリタンは1日に約100キロの量を2~3回に分けて作っているんですよ」

DSC_0064

熟練のスタッフの手で次々に具材が詰められていきます。

DSC_0112

1日に約500個もの学生調理が作られています。

それにしても、具材が3種類も入っているなんてボリューム満点ですね!

佐藤さん「学生調理は育ち盛りの学生さんにお腹いっぱいになってほしいという思いで作っています。だからこそ年々、原材料の価格は上がっていますが、具材の量を減らすことは発売以来1度もしていません。具材も学生さんが好きそうなものを選んでいて、お弁当のようなパンをイメージしているんですよ」

まさにお弁当のおかずが、そのままサンドされたようですね。1個食べ終わる頃には、すっかりお腹いっぱいに! 食べ盛りの学生さんもこれなら満足できると納得でした。

■誕生のきっかけは売店スタッフのミス!?

長年、学生のためを思って作られてきたという、学生調理。どのような経緯で誕生したのでしょうか。

加藤さん「昭和61年に、試作段階の学生調理を新商品のサンプルとして学校の売店に届けたところ、売店の方が間違って販売してしまったんです。すると学生から『次の入荷はいつなのか』と聞かれるほどの大好評。そこで急きょ商品化に踏み切ったのが始まりです。学生からあおられる形で作った調理パンなので『学生調理』と名付けられました」

販売がスタートした頃は、調理パン自体が珍しい時代。そんな時に、学生向けの調理パンができたということで、一気に評判が広まりました。その当時は秋田県内にある約80の高校のうち、50校ほどで販売されていたため、秋田の学生の間では誰もが知るポピュラーなパンになったのです。

DSC_0140

加藤さんや佐藤さん(写真)も学生時代によく食べていたと言います。

加藤さん「休み時間になると、購買までダッシュでしたね。早く行かないとすぐに売り切れてしまうので。特に男子学生の間で人気が高かったです。部活動前のおやつに食べる人もいて。今は冷蔵管理のできる学校だけに卸しているので、提供している学校は減ってしまいましたが、僕らの年代にとっては学生時代にいつも身近にあった懐かしのパンなんです」

近年、たけや製パンではシリーズ商品の開発にも積極的に取り組んでいます。3年ほど前に地元のラジオ番組とのコラボ企画で生まれた期間限定商品は、その名も「中年調理」! 学生調理が誕生した頃の学生が、今では40〜50代になっていることから命名したのだとか。パンに挟みたい具材をリスナーに募集し、「油淋鶏・チーズポテト・ナポリタン」や「チーズささみカツ・ごぼうサラダ・焼きビーフン」など、選りすぐりの組み合わせで3種類を発売。発売と同時に、販売店や残数の情報がSNSでシェアされるほどの大反響だったそうです。さらに、昨年には具材をスパイシーにアレンジした大人向けの「学生調理Ⅱ」も発売されています。

IMG_7603

上が学生調理Ⅱ。フライのソースは唐辛子入り、サラダはカレー味、ナポリタンはアラビアータにアレンジ。

加藤さん「中年調理や学生調理Ⅱが話題になったことで、かつて学生時代に学生調理を食べていた方に思い出してもらうきっかけになりました。若い世代の方は、学生調理を知らない人も多いので、今の学生さんに具材を考案してもらう企画なども今後はやってみたいですね。原点である学生調理の製法や味は守りつつ、そこから派生するシリーズ商品をこれからも開発していきたいです」

県内の学校だけでなく、スーパーやコンビニなどでも手に入る学生調理は、名前と具材のインパクトから県外の旅行者にも人気だといいます。評判を聞きつけて、関東や関西の百貨店から商品として扱いたいと連絡が入ることもあるそうですが、たけや製パンでは衛生面を考えて秋田県内限定で販売するスタンスを貫いています。日本全国どこを探しても秋田でしか食べられない調理パン。秋田を訪れたなら、この貴重なパンをぜひ探してみてください。

  • 店舗情報 ● たけや製パン 住所:秋田県秋田市川尻町字大川反233-60 電話:018-864-3117 電話受付:9:00~18:00(日休) http://takeyapan.co.jp/

※記事中の情報・価格は取材当時のものです。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME