家のコト

「ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜」瀬戸内海と瀬戸大橋を望む 坂の上のお家

この「記事」が気に入ったらみんなにシェアしよう!

みんなにシェアしよう!

201703_hirunehime

『東のエデン』 『精霊の守り人』 『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』で知られる神山健治監督が、自ら原作・脚本を担いメガホンを取った初の劇場オリジナル作品『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』。

岡山県倉敷市で父親と二人暮らしをしている森川ココネ。ついつい居眠りばかりしてしまう彼女は最近、不思議と同じ夢ばかり見るようになる。一方、無口で無愛想な父は自動車の改造に明け暮れるばかり。

2020年、東京オリンピックの3日前。突然父親が警察に逮捕され東京に連行される。
ココネは、幼馴染のモリオを連れて東京に向かう決意をする。その途上、彼女はいつも自分が見ている夢にこそ、事態を解決する鍵があることに気づく。
ココネは夢と現実をまたいだ不思議な旅に出る。その大きな冒険の末に見つけた、小さな真実とは…。

シネマドリでは、作品の舞台を“岡山県倉敷市”に選んだ理由や、夢とリアルを行き来するココネの暮らしについて神山監督にインタビュー。

この「記事」が気に入ったら
みんなにシェアしよう!

MATOME