かつての江戸城、現在の皇居から見て、東と北に位置する城東・城北エリアは、複数の路線が乗り入れ、交通の便が抜群です。昔ながらの商店街が多いだけでなく、新たな商業施設も建設され、日々暮らしやすさが増しています。また、23区内に位置しながら河川や緑が多いのも特徴の1つ。物件価格が城西・城南エリアよりも低い傾向にあるだけでなく、現在も再開発が進み、今後利便性がさらに高まることが見込まれる注目のエリアです。

 
 
庶民の街からビッグターミナルへ
新旧の魅力がクロスする街
 
 宿場町として発展し、今も下町の活気が感じられる荒川・足立エリア。現在は再開発によって近代的なビルも増え、新旧の文化がクロスする街になっています。近年、北千住や日暮里はビッグターミナルへと成長を遂げ、交通の利便性は格段にアップ。日暮里からは、都心はもちろん茨城方面や成田空港方面へのスムーズな移動が可能です。また、北千住駅はJR、地下鉄3路線、私鉄各線が乗り入れ、都心への抜群のアクセスを誇ります。昔ながらの商店街に加え、24時間営業のスーパーマーケットもあり、毎日の買い物に便利なスポットが多いのも特徴です。荒川区、足立区ともに四方を川に囲まれ、自然を身近に感じられる癒やしの街としての側面も。駅ビルで流行のファッションや食事を楽しみ、商店街では人情を感じられる、新旧の魅力がひと所で味わえる街です。
 
 

荒川・足立エリア(荒川区・足立区)の新築マンションの……

左の平均価格物件を購入したときの

平均価格は3,957万円 月々の平均返済額は9.6万円

※上記データは、株式会社マーキュリー(2016年7月~2016年12月に供給された物件の相場情報)のエリア別平均物件価格を基に、アットホーム 新築マンションPLEASEのローンシミュレータで算出。
※シミュレーション内容:返済期間35年、金利1.5%(固定)頭金300万円、ボーナス払い10万円(年1回)
※上記シミュレーション結果は、あくまでも目安です。実際にローン契約をする際は、金融機関にご確認ください。

 
 
豊かな自然に囲まれた下町で
実現するリバーサイドライフ
 
 葛飾区と江戸川区は親水整備空間に力を入れており、憧れのリバーサイドライフを実現することができる地域。どちらの区にも商店街や大型商業施設があり、生活しやすいのが大きなメリットです。寅さん誕生の地としても有名な葛飾区は、古き良き下町情緒が感じられる場所が数多く残るほか、成田空港へのアクセスも良好。また、荒川・中川・江戸川と3つの川に挟まれ、水辺のレジャーを楽しむこともできます。江戸川区では、子育て世代の経済負担を軽減する目的で、中学3年生までの子どもが病院で診療を受けた際に自己負担分を行政が負担してくれる「子ども医療費助成制度」を導入し、ファミリー層から人気を集めています。江戸川区は、23区のなかで公園の総面積がダントツの1位を誇るなど、水と緑に囲まれた生活を手に入れることができる街です。
 
 

葛飾・江戸川エリア(葛飾区・江戸川区)の新築マンションの……

左の平均価格物件を購入したときの

平均価格は4,503万円 月々の平均返済額は11.2万円

※上記データは、株式会社マーキュリー(2016年7月~2016年12月に供給された物件の相場情報)のエリア別平均物件価格を基に、アットホーム 新築マンションPLEASEのローンシミュレータで算出。
※シミュレーション内容:返済期間35年、金利1.5%(固定)頭金300万円、ボーナス払い10万円(年1回)
※上記シミュレーション結果は、あくまでも目安です。実際にローン契約をする際は、金融機関にご確認ください。

 
 
“暮らしやすさ”抜群!
ファミリー層に優しい地域
 
 大山商店街(板橋区)や十条商店銀座街、LaLaガーデン赤羽(北区)などのショッピングスポットから、大学の医学部付属病院などの医療機関まで、いざというときにも慌てることなく、近くで対処できるインフラが整っています。板橋区内には大型の施設こそありませんが、中型のスーパーマーケットが豊富にあるため買い物の利便性は高く、埼京線を使えばわずか4分で池袋まで行けるように、交通の便も非常によいのも特徴の1つ。一方、再開発によって街全体がきれいに整備された北区は、山手線と京浜東北線が通り、都心へのアクセスが良好。特に赤羽駅は6路線が乗り入れ、東京駅まで20分、新宿まで15分と抜群のアクセスを誇ります。駅前に大型スーパーが揃っているだけでなく、都内でありながら公園や河川敷などの自然を身近に感じるスポットも。ファミリー層にとっては特に暮らしやすい街です。
 
 

板橋・北エリア(板橋区・北区)の新築マンションの……

左の平均価格物件を購入したときの

平均価格は4,436万円 月々の平均返済額は11万円

※上記データは、株式会社マーキュリー(2016年7月~2016年12月に供給された物件の相場情報)のエリア別平均物件価格を基に、アットホーム 新築マンションPLEASEのローンシミュレータで算出。
※シミュレーション内容:返済期間35年、金利1.5%(固定)頭金300万円、ボーナス払い10万円(年1回)
※上記シミュレーション結果は、あくまでも目安です。実際にローン契約をする際は、金融機関にご確認ください。

 
 
人情味あふれる下町と
近代的な施設が共存
 
 浅草や上野などの下町と東京スカイツリー®が共存する台東・墨田エリア。昔ながらの商店街と近代的な建物が並び、住む人にはもちろん、観光で訪れた人にも温かく接してくれる、人情味あふれる地域です。また、台東区と文京区をまたいだ谷根千と呼ばれる谷中・根津・千駄木エリアには、レトロな街並みの中におしゃれなカフェや雑貨店が多く、街を歩くだけで新たな発見があります。一方、墨田区はスカイツリーの建設に伴って再開発が進み、週末になると多くの人が集まる人気スポットに。古き良き街並みを守りながらも、最新の文化にも触れられる街として変化を遂げました。注目すべきは、交通の利便性。JRのほか東京メトロ、都営線、東武線、つくばエクスプレスなど各種路線が通り、どこへ出かけるのにも便利です。
 
 

台東・墨田エリア(台東区・墨田区)の新築マンションの……

左の平均価格物件を購入したときの

平均価格は4,857万円 月々の平均返済額は12.3万円

※上記データは、株式会社マーキュリー(2016年7月~2016年12月に供給された物件の相場情報)のエリア別平均物件価格を基に、アットホーム 新築マンションPLEASEのローンシミュレータで算出。
※シミュレーション内容:返済期間35年、金利1.5%(固定)頭金300万円、ボーナス払い10万円(年1回)
※上記シミュレーション結果は、あくまでも目安です。実際にローン契約をする際は、金融機関にご確認ください。

 
 
日々進化を続けている
最先端のウォーターフロントタウン
 
 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の会場となる有明を含む、話題のエリア。近年、再開発によってタワーマンションが増え、住宅地としての人気が高まっています。2016年には電気と熱を供給するエネルギーセンターが設置され、災害時に最小限の被害で早く復興できる都市作りが進められているほか、豊洲駅前には、オフィス・商業施設・ホテルが融合した複合施設も建設中です。周囲を河川や海に囲まれ、海浜公園や夢の島公園など、自然を身近に感じられる環境が整っているのも魅力の1つ。清澄エリアには古民家や倉庫をリノベーションしたおしゃれなカフェが続々と誕生しているほか、ファミリー層向けの大型施設も充実し、子育て世代にも優しい街となっています。
 
 

江東エリア(江東区)の新築マンションの……

左の平均価格物件を購入したときの

平均価格は5,530万円 月々の平均返済額は14.4万円

※上記データは、株式会社マーキュリー(2016年7月~2016年12月に供給された物件の相場情報)のエリア別平均物件価格を基に、アットホーム 新築マンションPLEASEのローンシミュレータで算出。
※シミュレーション内容:返済期間35年、金利1.5%(固定)頭金300万円、ボーナス払い10万円(年1回)
※上記シミュレーション結果は、あくまでも目安です。実際にローン契約をする際は、金融機関にご確認ください。

104 件 見つかりました
まとめて資料請求BOXに入れる
まとめて資料請求BOXに入れる