athome
×
LiVES
大開口から木々が育つ庭を贅沢に一望。 光と風がめぐる、夏に快適な住まい
庭と住まいが一体となるようにフルオープンにできる引き戸を設けた。室 内の家具や建具を木で統一し、庭との連続性を高めている
2020.08.21

大開口から木々が育つ庭を贅沢に一望。 光と風がめぐる、夏に快適な住まい

二面の大開口から外の涼しい風をたっぷり取り入れて自然換気・排熱。 開放的な平屋で、おいしい空気と緑豊かな庭に囲まれながらゆったりと暮らす

TRIP
99

南北に開けた日当たりの良い敷地に一戸建てを新築したYさん。庭をくの字で囲むように建つ平屋造りの住まいは、玄関を中心にパブリックとプライベートスペースの2つのエリアに分かれていて、どちらも南北に大きな開口が設けられている。全開にすると内と外が一体になり、家中にフレッシュで気持ちのいい風が通り抜けてゆく。
 

物件データ 所在地/兵庫県相生市
面積/93.76㎡
竣工年月/2017年1月
設計/岸本貴信(CONTAINER DESIGN)
cd-aa.com/

「しょっちゅう蝶々の通り道になっています(笑)。室内にいても、ほとんど外にいるような感覚ですね」(ご主人)  抜群の開放感のカギを握っているの が、枝をのばす木のように放射状に広がる柱だ。構造壁の代わりに屋根を支え、遠くまで視線が抜けるのびやかな空間を獲得している。柱にはキッチンカウンターやワークデスクのほか、食器棚やディスプレイに活用できるオープン棚をつくり付けて、家族の溜まり場とした。設計を手掛けた建築家の岸本貴信さんは、「新たな芽から大きな木が育ち、木陰ができる。そんなイメージで家族の居場所をつくりました」と話す。

軒の深い屋根が日差しを遮るため、軒下も室内も涼やか。地面までのびるデザインは、「庭から登れても面白いね」という雑談から生まれた

庭に面した縁側は、家族3人の憩いの場所。深い軒や背の高い樹木が夏の強い日差しを和らげてくれるため、涼しく、のんびりと過ごせる。庭ではテーブルを持ち出してバーベキューをしたり、ビニールプールで息子さんを遊ばせたりと、アウトドアライフを満喫。ユーカリやドウダンツツジ、ジューンベリー、マイヤーレモンといった多彩な樹木が育ち、イチゴやレタスといった家庭菜園も楽しんでいる。 

ロフトに上がるらせん階段。宙に浮くような個性的なデザインがインテリアを彩る。ロフトを抜けると屋上にアクセスできる
カフェのような木製ドアを造作。玄関を中心として右にパブリックスペース、左にプライベートスペースを配置し、玄関上部に屋上を設けた

「庭ができて暮らし方ががらりと変わりました。実のなる木は鳥を呼び寄せます。収穫したものをすぐキッチンで使えるのも便利だし、豊かだなと思いますね。家で過ごす楽しみが増えました」と奥さま。自然に囲まれ、クリーンな空気を家のどこにいても満喫できる健康的で心地よい夏の日々を叶えている。

水回りと寝室が集約されたプライベートエリアも間仕切り壁がなく、回遊できる動線に。日々の掃除や洗濯物の収納もストレスフリー
床はモルタルと杉板で仕上げを変えて段差をつくり、広々としたひと続きの空間に立体感と奥行き生んでいる
大木をモチーフにした柱が印象的なLDK。柱の周りを囲うようにテーブルやキッチンカウンター、棚がつくり付けられている
text_ Makiko Hoshino photograph_ Takashi Daibo

HOMETRIP Styles of living

>
  • <
  • /
  • <
close
prev
next
athome
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。