athome
×
LiVES
家族とともに年を重ねる、永く愛せる、永く楽しめる住まい
1階は広々としたLDK。テクスチャーのある光庭の壁が、室内へ柔らかな光を届ける。
2012.11.14

家族とともに年を重ねる、
永く愛せる、永く楽しめる住まい

家族の“これから”に大切なことを考えてつくった、
シンプルで大らかな住まいに暮らす。

TRIP
05

まるでギャラリーの入り口のような、空から光がさんさんと注ぐ長いアプローチ。
その奥にある玄関を開けると、オープンなリビングダイニングキッチンが広がる。
潔いほどシンプルなこの家に暮らすのは、会社員の石田大介さんと、デザイン事務所でアートディレクターを務める百合絵さん、小学2年生の埜乃(のの)ちゃん。
住まいの完成から1年を迎え、間もなく次女が誕生する予定だ。
都心の賃貸に住んでいたご夫妻が家の購入を考え始めたのは約4年前。
「子どもの小学校入学に合わせて住まいを持ちたいと思い、予算や交通の便、広さなど条件を検討しながら家を探しました。中古マンションや建売、コーポラティブハウスなど、いろいろ見て回りましたが、どうもピンとこなかったんです」(百合絵さん)
結局、あらかじめつくられた枠組みに収まるよりも、自分たちの暮らしに合わせた家を、好きな建築家につくってもらおうという結論に達した。
百合絵さんの実家に近いエリアで土地を探すと同時に建築家を探し始め、出会ったのが八島正年さんと八島夕子さんが主宰する八島建築設計事務所だった。

物件データ 所在地:東京都世田谷区 
床面積:97m²
設計:八島建築設計事務所
http://www.yashima-arch.com
周辺環境の変化に影響されないよう、最低限の開口部とした石田邸の外観。
周辺環境の変化に影響されないよう、最低限の開口部とした石田邸の外観。
タイル床の部分は玄関で、LDK と平坦につながる。階段脇は百合絵さんのワークスペース。
タイル床の部分は玄関で、LDK と平坦につながる。階段脇は百合絵さんのワークスペース。

「八島さんの作品は、日本的で、かつ北欧の雰囲気もあって、僕らのイメージにぴったり合いました。八島さんはご夫婦で一緒に設計のお仕事をされていて、お子さんもいる。私たちの暮らしと重なる部分があったことも大きかったですね」(大介さん)
プランについては、家族の会話が増える空間であること、ホームパーティーを楽しみたいこと、子どもが増えても対応できること、 将来子どもが独立して夫婦だけになっても暮らしやすいこと、という希望だけを伝え、あとはお任せしたと言う。
できあがったのは、1階のほとんどの空間がLDK、2階は2つの寝室と水回り、というプラン。
自宅で仕事をすることも多い百合絵さんの働き方に合わせ、リビングの一角にワークスペースも設けた。

南側が夫婦の寝室。将来は奥の2つの窓の間に壁を作り、2つの子ども部屋に変更する予定。
南側が夫婦の寝室。将来は奥の2つの窓の間に壁を作り、2つの子ども部屋に変更する予定。
2階の北側にある寝室は現在、埜乃ちゃんの部屋。カラフルなファブリックで部屋を彩る。
2階の北側にある寝室は現在、埜乃ちゃんの部屋。カラフルなファブリックで部屋を彩る。

「リビングはただ広い空間なので、家具の配置を変えるだけでイメージが変えられます。また、下の子が大きくなったら、寝室の1つは2つの子ども部屋に分けられるようにつくってもらっています」(百合絵さん)
形を変えることも楽しみながら、家族とともに年を重ねていく住まい。
家族の物語は、まだ始まったばかりだ。


text_ Takako Yoshida photograph_ Akira Nakamura

HOMETRIP Styles of living

白とナチュラルな色合いの木で構成された1階のインテリア。暮らしの道具が映える。 北側と南側の寝室の間に位置する水まわり。プライベートな空間は全て2階にまとめた。 無垢(むく)材使いの1階フロアとは対照的に、階段から上はカーペット仕上げのくつろげる空間に。 空を仰ぐアプローチ兼光庭。左手の壁は、職人さんが手で叩いて付けた細かな凹凸が美しい。
  • <
  • /
  • <
close
prev
next
athome
このサイトに掲載している情報の無断転載を禁止します。