Column #29

安心感と満足感を与えてくれるタワーマンションのエントランス

基礎
購入検討者向け
購入者向け

タワーマンションのエントランスは、デザイン性の高さにくわえ、毎日の生活を快適にする利便性と安全性をあわせ持っています。ここでは、タワーマンションのエントランスが備える機能とセキュリティについて説明します。

生活の利便性を高めるタワーマンションのエントランス

見た目の華やかさにくわえて、実際の暮らしにも重要な役割をもつエントランスはタワーマンションの魅力のひとつです。

エントランスホールにラウンジスペースを設けているタワーマンションでは、来客時の応対や帰宅時の小休憩、待ち合わせなどの際に利便性を発揮します。「シティタワー武蔵小杉」では、天井高約8メートルの2層吹き抜け、ガラス張りのエントランスホールにラウンジを設置しており、あらゆるシーンにおいて解放感ある空間でくつろげる工夫を施しています。

「シティタワー大井町」では外出時のアクセスをスムーズにするために東西2カ所のダブルエントランスを採用しています。また、歩行者と車の進入口を分ける「歩車分離設計」を導入しており、歩行者は樹木が植えられた専用道を通りエントランスへ、車は地下に進む設計となっており、生活空間の安全性を高めています。建物の地下に備えられたタワーパーキングには専用の「コーチエントランス」が設けられ、荷物の積み下ろしもスムーズに行うことができます。

参考(シティタワー武蔵小杉)
http://www.ct-musashikosugi.com/design02.html

参考(シティタワー大井町)
http://www.sumitomo-rd-mansion.jp/shuto/oimachitower/design02.html

エントランスに備わっている高いセキュリティ

住戸数が多く多数の来訪者が訪れるタワーマンションでは、多重セキュリティによって厳重な安全対策をとっているところが多くなっています。

「ザ・パークハウス 白金二丁目タワー」は、4次セキュリティシステムを採用しており、1次セキュリティとなるエントランスの風除室では、オートロック開錠とともにエレベーターが自動的に待機します。そして2次セキュリティがとられたエントランスロビー、着床制限機能付きエレベーターによる3次セキュリティを通り、各住戸の玄関にたどりつく仕組みです。

また、コンシェルジュや防災センターの警備員が常駐するタワーマンションでは、24時間の有人管理を実現しています。防犯カメラにくわえ、人の目を介して入居者や来訪者にリアルタイムで目を配れるという利点があります。

参考(「ザ・パークハウス 白金二丁目タワー」)
http://www.mecsumai.com/shirokane2-t/equipment/index03.html

まとめ

タワーマンションのエントランスは、デザイン性の高さによって居住者の満足感を高めるだけでなく、生活上の動線をよりスムーズにする利便性や安全性にもこだわりが見えます。外出時や帰宅時に感じる「暮らしやすさ」にも着目してみると良いかもしれません。

購入者向け

の記事一覧

購入検討者向け

の記事一覧

基礎

の記事一覧

東京都のタワーマンション

東京都のタワーマンション

タワーマンションが多く立地するエリアといえば、港区や中央区、江東区などの湾岸エリア...

神奈川県のタワーマンション

神奈川県のタワーマンション

神奈川県のタワーマンションは、落ち着いたオシャレな街として知られる横浜市に集まっています...

大阪府のタワーマンション

大阪府のタワーマンション

大阪府のタワーマンションは、大阪市北区をはじめ天王寺区や中央区、浪速区などに集まっています...

兵庫県のタワーマンション

兵庫県のタワーマンション

兵庫県のタワーマンションは、神戸市中央区や東灘区、西宮市、姫路市などに立ち並んでいます...

都道府県からタワーマンション・高層マンションを探す