Column #25

【首都圏限定アンケート】タワーマンションのインテリアデザイン人気TOP3

購入検討者向け
購入者向け
まとめ
ランキング

タワーマンションでの暮らしをより快適にしてくれるのが、ライフスタイルに合ったインテリアデザインです。
今回は、首都圏のタワーマンション居住者を対象にアンケートを行った「インテリアデザイン」についての調査をもとに、人気のインテリアデザインTOP3を紹介します。

第1位シンプルモダン(61.6%)

圧倒的な人気となったインテリアデザインテイストは、61.6%の方が取り入れているという「シンプルモダン」です。シンプルモダンとは、「モダン(=現代的な)デザイン」よりも軽く、シンプルにしたデザインのことを指します。直線的で無機質な家具や白・グレーなどのベーシックなカラーを基本とし、スッキリと暮らす部屋づくりを目指すスタイルです。

タワーマンションのエントランスデザインなどは高級感を出すためにあえてモダンデザインの重厚感を出すこともありますが、住戸はもう少し軽いシンプルモダンのテイストで作られているケースも多く見られます。もともとの住戸の雰囲気に合わせて家具を選ぶと統一感のある部屋づくりができるため、インテリアもシンプルモダンのテイストを選んでいる方が多いと予想されます。

シンプルモダンの部屋に会う家具選びのポイントは、「無機質」「モノトーン」の2点です。同じシンプルでも、木を基調とした家具を多く取り入れてしまうと、シンプルモダンというよりもナチュラルスタイルに近くなってしまいます。なるべく、ガラスやプラスチックなどの素材を選ぶようにしましょう。

第2位ナチュラル(26.8%)

シンプルモダンに続いて人気なのが、「ナチュラル」です。ナチュラルデザインとは、より自然を意識したスタイルで、木目をいかして作られている家具を多く取り入れることで、部屋の雰囲気をまとめることができます。

床面やドアが木目調の住戸には、植物をおいてグリーンを差し色にすると見映えがよくなり、よりナチュラルな雰囲気が出ます。また、インテリアは白やベージュなど淡い色から茶色などの自然色をベースにすると、まとまりのよい部屋を作ることができます。

第3位北欧スタイル(3.7%)

人気ショップがいくつも誕生している北欧スタイルは、タワーマンションのインテリアデザインとしても3番目に人気のテイストとなっています。ベースはナチュラルテイストと似ているため、住戸のつくりが北欧スタイルでなくとも、ナチュラル寄りの作りになっていれば部屋全体のインテリアを統一することができます。

ナチュラルデザインと混同されることも多いですが、より木の温もりを感じられる落ち着いた色味の木材で作られた家具を取り入れたり、幾何学模様の雑貨やビビットカラーを差し色として置いたりすることが北欧スタイルのポイントです。カラーは白を基本色にし、ナチュラルな木目の家具と、発色のよいレッド・オレンジ・ピンク・イエロー・ブルー・グリーンを1~2色取り入れるとうまくまとまります。

インテリアを選ぶときの注意

インテリア選びに失敗してしまう理由に、部屋の寸法を正確に測らずに家具を購入してしまったというケースがあげられます。また、配送の段階でエレベーターや玄関に入らないことがわかり、返品せざるをえないということもあります。大きな家具や家電製品を購入する際は、部屋だけでなく、搬入経路についても確認しておく必要があります。

まとめ

ここで紹介したTOP3の他には「ヴィンテージテイスト」や「英国アンティーク調」などが挙げられており、好みに合ったインテリアデザインを取り入れていることがわかりました。

統一感のある部屋づくりのポイントは、タワーマンションのデザインテイストをいかしたインテリアを取り入れることです。どんな暮らしを実現したいのかをイメージしながら、居心地の良い部屋づくりを楽しんでみてはいかがでしょうか。

購入者向け

の記事一覧

購入検討者向け

の記事一覧

東京都のタワーマンション

東京都のタワーマンション

タワーマンションが多く立地するエリアといえば、港区や中央区、江東区などの湾岸エリア...

神奈川県のタワーマンション

神奈川県のタワーマンション

神奈川県のタワーマンションは、落ち着いたオシャレな街として知られる横浜市に集まっています...

大阪府のタワーマンション

大阪府のタワーマンション

大阪府のタワーマンションは、大阪市北区をはじめ天王寺区や中央区、浪速区などに集まっています...

兵庫県のタワーマンション

兵庫県のタワーマンション

兵庫県のタワーマンションは、神戸市中央区や東灘区、西宮市、姫路市などに立ち並んでいます...

都道府県からタワーマンション・高層マンションを探す