Column #10

首都圏タワーマンションのカーテン事情!最適なカーテン選びのススメ

調査
購入検討者向け

タワーマンションに住んでいる人の「カーテン」の使用について、首都圏のタワーマンション在住の方を対象にアンケート調査を行いました。ここでは、回答結果から得たカーテンが必要な理由と、カーテン選びのポイントを紹介します。

首都圏のタワーマンションのカーテン事情

カーテンをつける派は94.7%

タワーマンションであっても、カーテンをつける派は94.7%とほぼすべての世帯でカーテンがつけられていることがわかりました。残りの5.4%の世帯でカーテンをつけていない理由は、「眺望(を遮らないため)」「必要ない」「外から見られないから」とタワーマンションならではと言えるものでした。

今回のアンケートにご回答いただいた方の最高階は52階。しかし、平均は約18階と中・低層階にお住まいの方も多かったため、高層階だけに絞ったアンケートでは違う結果になることも予想されます。しかし、高層階であってもさまざまな理由からカーテンをつけているようです。

タワーマンションでカーテンを必要とする理由

タワーマンションでカーテンをつける理由には、「外から見えないようにするため」といったプライバシーの観点だけでなく、居住空間の快適性に関連するキーワードが多く挙げられました。

同アンケート結果によると、日差しを防ぐ「遮光」を目的にカーテンをつけているという回答のほか、「防寒・防暑」「遮熱」「保温性を高めるため」「断熱」など、温度調節のためにカーテンをつけているという回答が多くなっています。また、カーテンをつけることは「当たり前」として、習慣から利用しているといった回答もありました。

タワーマンションでは一般的な「カーテン」が主流

タワーマンションでは「カーテン」を使用している方が92.8%と圧倒的に多く、次いで「ブラインド」14.4%、「ロールスクリーン」11.1%と続きます(複数回答)。

なかには、部屋ごとにカーテンとブラインドを使い分けているという世帯もありました。また、「窓からの眺望の邪魔にならないように上下に稼働するタイプを使用」という回答もみられます。

眺望を損なわないこと、遮光や温度調節をできることが、タワーマンションのカーテン選びのポイントとなっているようです。

紫外線をカットするカーテン・窓ガラスの性能

タワーマンションは日当たりの良いことがメリットに挙げられますが、そのぶん、紫外線の影響も大きくなります。市販されているカーテンのなかには、紫外線を遮る機能のついたものが販売されており、90%以上の遮断率を可能にしている製品もあります。

また物件によっては「Low-E複層ガラス」を採用し、特殊金属膜により室内へ入り込む紫外線の軽減を図っているところもあり、カーテンとの併用でより効果的に紫外線対策が可能となっています。

カーテンの防炎性能

消防法には「高さ31メートルを超える共同住宅において使用するカーテンは、すべて防炎性能を有するものでなくてはならない」と定められています。そのため超高層建築であるタワーマンションでは、防炎性能を有するカーテンの使用は義務となっています。

「防炎」とは燃えにくい性質のことを指しています。たとえば、マッチやライターなどの小さな火では容易に着火せず、仮に着火しても自己消火性により燃え広がりにくくなっています。

消防庁によると、防炎品と非防炎品の燃えにくさの違いは明らかで、防炎品は火災被害の軽減に役立っているとされています。

タワーマンションでカーテンをつける際には、防炎の性能をもっているか確認するようにしましょう。

参考 消防法 第八条の三
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO186.html

別記第7 防炎規制等の細則
https://www.google.co.jp/url?sa=t&rct;=j&q;=&esrc;=s&source;=web&cd;=6&cad;=rja&uact;=8&ved;=0ahUKEwjN8rmrtJLWAhUHGZQKHaNNCiUQFghGMAU&url;=http%3A%2F%2Fwww.shioyakouiki.or.jp%2Ffire%2Fguideline%2Fpdf%2Fguideline091009.pdf&usg;=AFQjCNEt7f3zofHq3YGvNqfGr7HjEODi3A

参考 総務庁消防庁 防災の知識と実際
https://www.fdma.go.jp/html/life/yobou_contents/fire_retardant/pdf/bouen_01.pdf

まとめ

アンケート結果からは、タワーマンションでも紫外線対策や温度調節のためカーテンを使用していることがわかりました。カーテンをつけるときは防炎性能が必須となることも、タワーマンションならではの注意事項です。カーテン選びの際には、性能についても確認しておくことが必要です。

(今回実施したアンケート調査について)

アンケート実施日:2016年11月
アンケート対象者:首都圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)
有効回答数:190名

購入検討者向け

の記事一覧

東京都のタワーマンション

東京都のタワーマンション

タワーマンションが多く立地するエリアといえば、港区や中央区、江東区などの湾岸エリア...

神奈川県のタワーマンション

神奈川県のタワーマンション

神奈川県のタワーマンションは、落ち着いたオシャレな街として知られる横浜市に集まっています...

大阪府のタワーマンション

大阪府のタワーマンション

大阪府のタワーマンションは、大阪市北区をはじめ天王寺区や中央区、浪速区などに集まっています...

兵庫県のタワーマンション

兵庫県のタワーマンション

兵庫県のタワーマンションは、神戸市中央区や東灘区、西宮市、姫路市などに立ち並んでいます...

都道府県からタワーマンション・高層マンションを探す