Column #03

タワーマンション3つのメリット

基礎
購入検討者向け

タワーマンションに住むことで得られる3つのメリットをご紹介します。

メリットその1 タワーならではの眺望が楽しめる

タワーマンションに住むメリットの1つが、「眺望」です。建物が隣接している場合を除き、周囲に視界を遮るものがないことが多いため、開放感があり、さまざまな景観を楽しめます。立地や住戸の向きによって眺望の種類は異なりますが、東京湾や富士山を代表とする海・山・川などの自然や、スカイツリー・東京タワーのようなランドマークの景観を普段の生活の中でインテリアの一部のように楽しむこともできます。

周囲に建物がないところであれば、人目を気にすることもないため、カーテンを付けずに生活することができる部屋もあります。また、パーティールームやラウンジなどの共用施設が高層階にある物件であれば、居室が高層階になくとも眺望を楽しむことができます。

メリットその2 利便性の高いエリアに多い

タワーマンションは再開発エリアに建設されることが多く、周辺に生活に必要な施設や商業施設が集結し、利便性が高い場所に建てられている可能性が高いのもメリットのひとつです。自宅マンションの周辺に病院や郵便局などといった、生活に必要な場所があることで、便利な生活が手に入ります。

「自宅周辺ですべての用事を済ませたい」「自宅から勤務地までの通勤時間をできるだけ短くしたい」などの理由から、「周囲の施設も含めた利便性」「最寄り駅や主要駅までのアクセス」を重視して住まいを検討する人も多くいます。タワーマンションは、こうしたアクセスの良い立地に住みたいと考えている多忙なビジネスパーソンや休日をアクティブに活動する人など、時間を効率的に使いたい人の強い味方だといえる住まいです。

さらに、物件によっては駅からマンションのエントランスに直結していて、雨の日でも濡れずに外出できるところや、大型商業施設と隣接しているところもあります。路面の広い道路に面していることも特徴のひとつとなっているため、車での移動が多い方にとっても大きなメリットのある物件がタワーマンションです。路面だけでなく歩道も広いエリアが多いため、周辺を散策するときにも歩きやすいこともメリットとなっています。

メリットその3 サービスと共用施設の充実度

充実したサービスが付帯されているケースが多いことも、大きなメリットです。特に、最近のタワーマンションで多く取り入れられているコンシェルジュ・サービスは、クリーニングの受付やタクシーの手配など、身の回りのサポートをしてくれます。(コンシェルジュ・サービスについては「コンシェルジュ・サービスとは」にて、詳しくご紹介しています。)

管理人や警備員が24時間常駐している物件もあり、こうした「有人管理」もタワーマンションのメリットとなっています。また、共用施設である24時間利用可能なゴミステーションや宅配ボックス・防災備蓄庫といったものだけでなく、スーパーやコンビニ、病院などの施設がマンションに併設されている物件もあります。他にも、プールやスポーツジム、ゲストルームやラウンジなど、ホテルのような共用施設が完備されているタワーマンションも登場しています。

まとめ

タワーマンションのメリットは大きく分けて「眺望」「利便性」「充実したサービスや共用施設」の3つが挙げられますが、建てられている場所によって見える景色やアクセス、サービス・共用施設の内容も異なります。タワーマンションを見るときには、3つのメリットをポイントにチェックしてみるのも良いのではないでしょうか。

購入検討者向け

の記事一覧

東京都のタワーマンション

東京都のタワーマンション

タワーマンションが多く立地するエリアといえば、港区や中央区、江東区などの湾岸エリア...

神奈川県のタワーマンション

神奈川県のタワーマンション

神奈川県のタワーマンションは、落ち着いたオシャレな街として知られる横浜市に集まっています...

大阪府のタワーマンション

大阪府のタワーマンション

大阪府のタワーマンションは、大阪市北区をはじめ天王寺区や中央区、浪速区などに集まっています...

兵庫県のタワーマンション

兵庫県のタワーマンション

兵庫県のタワーマンションは、神戸市中央区や東灘区、西宮市、姫路市などに立ち並んでいます...

都道府県からタワーマンション・高層マンションを探す