浦和駅の新築マンション・分譲マンション物件一覧(埼玉県

選択された沿線・駅でお探しの方におすすめのマンション

  • 「横浜」駅徒歩12分 「高島町」駅徒歩3分 みなとみらい生活圏 全邸 南向き
    • 神奈川県横浜市西区戸部本町
    • 5700万円台~6200万円台(100万円単位)(予定)
  • 相模鉄道本線「西横浜」駅 徒歩3分 「横浜」駅 みなとみらいエリア生活圏 ラ…
    • 神奈川県横浜市西区浜松町
    • 3258万円~3948万円
  • 残り2邸 2LDK・55㎡超 100%南西向き プライバシー性を高め 上質…
    • 東京都北区王子本町2丁目 他
    • 4890万円~5290万円
件 見つかりました
まとめて資料請求BOXに入れる

資料請求BOXとは?

まとめて資料請求BOXに入れる

2つのエリアをまとめて検索

×

価格で絞り込む(浦和駅)

間取りで絞り込む(浦和駅)

物件名から探す

地域情報

■さいたまの中心、浦和

さいたま市浦和地区はかつて独立した「浦和市」であり、県庁所在地でした。2001年に大宮市・与野市と合併して「さいたま市」となり、それ以後は旧浦和市域を総称して「浦和地区」と呼んでいます。その浦和地区を構成するのは、桜区・浦和区・緑区・南区の4区です。その浦和区の中心となっているのが浦和駅。浦和駅はさいたま市役所および埼玉県庁の最寄り駅です。この浦和駅はさいたま市ならびに埼玉県で最も古い駅の一つとされています。

■浦和駅周辺の様子

浦和駅は市役所や県庁、裁判所などの行政・司法機関の最寄駅です。浦和駅周辺には枝垂桜で有名な「玉蔵院」や狛ウサギで有名な「調神社」などの古社寺が徒歩圏内に点在しています。調神社の境内の森はJR東北本線の車窓から見ることができます。また、浦和駅の西口には旧浦和市の伝統産業であり現在はさいたま市の伝統産業に指定されている「うなぎ」をモチーフにした「浦和のうなこちゃん」像が設置されています。西口周辺には、官公庁や商業機能などが集まっており、それを取り囲むように住宅地があります。

■浦和の歴史

浦和は戦国時代から町が開かれ、玉蔵院の門前町(宿場)として栄えてきました。江戸時代になり中山道が開かれるようになってからは、中山道六十九次の宿駅の一つ(日本橋から数えて3番目)となりました。この中山道は江戸時代には多くの大名が参勤交代で通った道です。現在では中山道というと国道17号のことを指し、旧街道筋は旧中山道と呼ばれています。また、浦和はサッカーの街でもあります。明治41年6月に埼玉師範(現在の埼玉大学)において日本で初めてサッカーの指導が行われたとされており、さいたま市役所の前には「サッカー発祥の地」のモニュメントがあります。また、サッカーワールドカップも開かれたスタジアムも浦和市内にあります。

浦和の中古マンションを探す

浦和の不動産を探す

アットホーム 新築マンションPLEASEの浦和駅(埼玉県)の物件一覧ページです。アットホーム 新築マンションPLEASEでは、大手マンションデベロッパーのマンションや2000万円台で購入できるマンションから1億円以上の高級マンション、タワー・高層マンションなど幅広い物件情報を掲載しています。浦和駅(埼玉県)で人気の新築マンション・分譲マンション(一年以上の未入居マンションを含む)をお探しの方は、こまめに物件の情報をチェックすることをおすすめいたします。新しいマンションの情報をいち早く受け取りたい方は、新着お知らせメールをご登録ください。アットホーム 新築マンションPLEASEはあなたの物件探しをサポートいたします。

関連サイト