新ダイヤでより快適な通勤環境の路線に

① ラッシュピーク時の平均混雑率が低下

平日朝のラッシュピーク1時間における平均混雑率が、旧ダイヤでは192%だったのが、151%に低下しました。
乗客同士の体が接触して圧迫感を感じる状況から、新聞や雑誌を楽な姿勢で読めるくらいのゆとりができました。

192%

192%

体がふれあいやや圧迫感がある(平成28年度の実績)

151%

151%

新聞や雑誌を楽な姿勢で読める(平成29年度の実績)

※平均混雑率は最混雑区間(世田谷代田駅→下北沢駅間)の数字 ※出典:小田急電鉄

② 新宿駅までの所要時間が短縮

平日朝のラッシュピーク1時間の、新宿駅までの所要時間が短縮。
また、列車の平均遅延時間も2分4秒から48秒まで短縮しました。

主な駅から新宿駅までの所要時間比較
小田原線経堂駅から 旧ダイヤでは21 最大7分短縮
ダイヤでは14
小田原線登戸駅から 旧ダイヤでは27 最大9分短縮
ダイヤでは18
小田原線町田駅から 旧ダイヤでは49 最大12分短縮
ダイヤでは37
多摩線小田急多摩センター駅から 旧ダイヤでは54 最大14分短縮
ダイヤでは40
小田原線海老名駅から 旧ダイヤでは61 最大10分短縮
ダイヤでは51
江ノ島線大和駅から 旧ダイヤでは62 最大10分短縮
ダイヤでは52

※出典:小田急電鉄

沿線の街もますます進化

  • 小田原線/下北沢駅
    地下化による再開発で駅周辺が大きく変化
    地下化に伴う線路敷地の再開発で、駅周辺が大きく変わります。
    駅舎の建て替えに加えて、ショッピングやグルメ、カルチャーが混在する街になり、下北沢の多様性がますます魅力的になります。
    小田原線/下北沢駅
  • 小田原線/向ヶ丘遊園駅
    向ヶ丘遊園の跡地を再開発「人と自然が回復しあう丘」に
    2002年3月に閉園した向ヶ丘遊園が、2023年度のリニューアルオープンを目指して計画が進行中。
    「人と自然が回復しあう丘」をテーマに、ショッピングやレジャー、自然を楽しめる新たな空間に生まれ変わる予定です。
    小田原線/向ヶ丘遊園駅

    画像提供:小田急電鉄

  • 小田原線/海老名駅
    駅一帯が着々と進化を続ける「ViNA GARDENS」
    駅周辺に暮らしと賑わいを集約した一大プロジェクト「ViNA GARDENS」が開発進行中。
    タワーマンションや大型商業施設が次々と誕生しています。
    2021年春には小田急のシンボル的存在「ロマンスカー」のミュージアムもオープン予定です。
    小田原線/海老名駅
  • 江ノ島線/藤沢駅
    駅前に新たな賑わいを生み出す「ODAKYU湘南GATE」
    湘南エリアの玄関口である藤沢駅前に、新しい大型商業施設「ODAKYU湘南GATE」が誕生。
    百貨店と専門店が同居し、藤沢エリアに住む人たちのライフスタイルをバックアップします。
    江ノ島線/藤沢駅

    画像提供:小田急電鉄