京都 鴨川周辺の新築マンション

京都市を北から南へ貫くように流れる鴨川は、1年を通して人々が集まる人気のスポット。春は川沿いをずらりと桜並木が彩り、夏には河原へ突き出した座敷で飲食を楽しむ「納涼床」が現れるなど、四季の移り変わりを楽しめ、鴨川沿いは居住地としても人気を集めています。川下の繁華街から川上へ向かうにつれ、のどかな光景に変わっていくなど、エリアによって街の印象が変化するので、誰もがお気に入りの暮らしを見つけられるはずです。

2 件 見つかりました
まとめて資料請求BOXに入れる

資料請求BOXとは?

ジオ御所南 夷川富小路

■【最終1邸】建物内モデルルームOPEN ■世界遺産の二条城を西に、鴨川の流れを東に、京都御苑を北にする ■京都・洛中、御所南に南向き中心の総20私邸誕生。

新築マンション

ジオ御所南 二条柳馬場

■京都市中京区「御所南」。二条通と柳馬場通の結節点に誕生。 ■阪急阪神不動産が贈る、古都の風趣を継ぐ京邸宅。 ■南向き角住戸・103.91㎡、プレミアム住戸最終1邸!モデルルーム家具・家電付分譲開始

未入居マンション

まとめて資料請求BOXに入れる

地域情報

観光と憩いのスポットである鴨川周辺は、京都らしさと自然をいつも身近に感じられる人気のエリアです。四条・三条界隈の川辺は木屋町の古い町並みを眺めることができ、夜は鴨川沿いに立ち並ぶ風情ある建物の明かりが川面を照らし、幻想的な光景に。三条から北に上がると、地元民や近隣大学生が川辺でのんびりと過ごす姿が多く見られるエリアになります。鴨川と高野川が合流する三角州、通称「鴨川デルタ」周辺ものどかな雰囲気が広がる場所の一つ。この辺りは飛び石で対岸へ渡ることができ、水遊びやピクニックスポットとしても定番です。付近には世界遺産の下鴨神社を中心に、閑静な住宅地が広がります。最近は、下鴨神社境内の原生林・糺ノ森を縮小し、マンション建設に着工した開発業者を反対住民が提訴した問題が京都新聞などに取り上げられたことも話題に。地域住民の環境に対する関心の高さが鴨川周辺の美しさを守り、住みやすい街を作り出しているのです。