住みタイム 神奈川県相模原市緑区

住みタイム
神奈川県相模原市緑区

神奈川県相模原市で最も広い面積を誇る、神奈川県相模原市緑区。区の西側には丹沢山や相模湖、津久井湖など豊かな自然に恵まれ、キャンプやハイキング、釣りなどのレジャーを楽しめます。一方、ターミナル駅である橋本駅周辺には大型商業施設や高層マンションが集中。特急を使えば新宿まで約40分という利便性の高さから、都内で働く人々のベッドタウンとしても人気です。2027年にはリニア中央新幹線の駅の開通も予定され、ますます発展が期待される神奈川県相模原市緑区の一日を体験してみましょう。
※掲載している情報は、2018年4月2日時点の情報です。

Morning

爽やかな湖畔までドライブ
自然の中でのんびり過ごす朝

区の面積の75%以上を山林や河川、湖などの自然が占めている神奈川県相模原市緑区。広大な自然を思う存分楽しむなら、ドライブがぴったり。
JR橋本駅から相模川の方へ向かって30分ほど車を走らせると、相模川上流沿いの「相模川自然の村公園」に到着。車を降りて小川のせせらぎに耳をすませながら散歩していると、昔話に出てくるような大きな茅葺き屋根の建物がある「相模原市古民家園」が見えてきました。神奈川県の重要文化財に指定されている「旧青柳寺庫裡」は江戸時代中期に建てられた建物で、お寺の住職とその家族の住まいとして使われていたものを移築・復元したもの。建物内は土間やかまど、囲炉裏などが展示され、昔の人がどのように生活していたのか学ぶことできます。囲炉裏から聞こえる、パチパチと炭の弾ける音が心地よく、しばし江戸時代にタイムスリップしたような気分に……。通常の展示以外にも、毎月第4日曜日には語りべによるおはなし会や和太鼓演奏などのイベントが開催されるほか、夏季には「古民家カフェ」として、縁側や土間でコーヒーやソフトドリンクを楽しめるのだとか。自然に囲まれた古民家で冷たいコーヒーをいただきながら涼む、そんな少し贅沢な時間が過ごせそうです。

次は少し足をのばして、藤野地区のほうへ行ってみましょう。藤野地区には多くの芸術家が在住しており、作家による作品を販売するマーケットや陶器市、展示会、ギャラリーでのクラフト体験などアートイベントが開催される芸術活動が盛んな町として知られています。まちづくりの取り組みの一つが、「芸術の道」と呼ばれるハイキングコースの設置。30年ほど前に、地区内の雑木林や神社の境内など、町中のあちこちに約30点の彫刻作品が設置され、散歩を楽しみながら自由にアート鑑賞ができます。特に、山がラブレターを抱く姿を表現した「緑のラブレター」は、中央自動車道やJR藤野駅からも見ることができ、地域のシンボルとして親しまれているそう。また、春は神奈川の名木100選にも選ばれたしだれ桜が咲き乱れるなど、自然とアート作品の調和が楽しめるのも魅力のひとつ。ここで暮らしたら日常の中でアートに触れ合え、自然と感性が磨かれそうですね。

アートを鑑賞した後は、絶景を見に行きましょう。津久井湖に臨む「県立津久井湖城山公園」は、戦国時代の山城である津久井城跡と城山ダムの両岸に広がる公園で、城山登山を楽しめるほか、津久井湖を一望できるスポットとして地元の人たちに人気です。園内のベンチに座って津久井湖を眺めていると、次から次へと家族連れがやってきました。実はここは桜の名所としても有名で、毎年春には山の斜面や津久井湖の周りを囲むように、たくさんの桜が咲き乱れるそう。美しい光景を前に、お弁当を広げてのんびりすごす人たちの顔にも、自然と笑顔が広がっています。春以外も、夏は森林浴、秋は紅葉を楽しみながらハイキングなど、季節ごとにさまざまな自然やレジャーを楽しむことが可能。季節が変わるたびに家族で訪れたら、素敵な思い出をたくさん作れそうですね。

9:30

  • 相模原市古民家園(相模原市古民家園)
  • 相模原市古民家園(相模原市古民家園)
相模原市古民家園(相模原市古民家園)
神奈川県相模原市緑区大島3853-8(相模川自然の村公園内)
営業時間:9:30~16:30(7~8月は17:30まで)
休館日:年末年始(12月28日~1月3日)
料金:無料

10:30

  • 藤野芸術の道
  • 藤野芸術の道
藤野芸術の道
神奈川県相模原市緑区名倉
営業時間:常時開放
定休日:無休

11:30

  • 津久井湖城山公園
  • 津久井湖城山公園
津久井湖城山公園
神奈川県相模原市緑区根小屋162
営業時間:常時開放(公園管理事務所は9:00~17:00)
定休日:無休(公園管理事務所は第1・第3月曜の午前中と年末年始休み)
料金:無料
Daytime

工場見学にバーベキュー、キャンプ
レジャーづくしの充実した昼

そろそろお腹がへってきたころ。地元の人々に愛されるパン屋があるというので、行ってみましょう。国道412号線沿いに車を走らせていくと、赤い三角屋根のテラスが目印の「オギノパン工場直売店」が見えてきました。「オギノパン」は、相模原・厚木エリアで学校給食用のパンの製造・販売と、ベーカリーを営む地域密着型のパン屋さん。工場直売店はパンの販売だけでなく、工場見学もできるとあって地元の方だけでなく観光客も多く訪れるそうです。早速見学通路に入ってみると、数千個のパンがずらり!作業員の方がベルトコンベアを流れてくるパンを手に取り、ひとつひとつ成形して、味付けや包装をしていく――。なかなか見られない製造過程を間近で見られるなんて、とても貴重な体験です。見学後は、店内に戻って買い物を楽しみましょう。たくさんのパンがあるなかで目を引くのが、入り口付近に並ぶ「丹沢あんぱん」。定番のつぶあん・こしあんをはじめ、くりやかぼちゃ、さらにいちごなどの季節限定の味も含めて常時8~10種類が用意されています。お饅頭くらいの小ぶりのサイズなので、おやつや手土産に買っていく人も多いそう。もうひとつの看板商品「あげぱん」は、神奈川県のB級グルメ大会で金賞を受賞したパンで、学校給食でも人気。土日限定で専用の販売ブースも出していて、揚げたてのあげぱんにきなこ・シナモンのトッピングを追加することもできるそう。「ここでパンを買って、近くの湖でピクニックをするというお客さんも多いんですよ。緑区の魅力は、なんといっても自然に恵まれているところ。僕も出勤前に近隣をロードバイクで1周したり、近くの湖でカヌーに乗ったりすることもあるんですよ」そう教えてくれたのは、生まれも育ちも相模原市緑区という販売部長の荻野隆介さん。自然の中で体を動かして1日をスタートする、そんな充実した暮らしができるのも神奈川県相模原市緑区ならではですね。

レジャーを楽しみたいけど、荻野さんのようにいきなり本格的なものはハードルが高いな……。そんな人でも気軽に楽しめるテーマパークがあるそうなので、行ってみましょう。相模湖のすぐ近くにある「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」は、キャンプ場やバーベキュー広場などのアウトドア施設と遊園地が併設されたテーマパーク。今日は敷地内のキャンプ場「パディントンベア・キャンプグラウンド」でバーベキューを体験しましょう。山の傾斜を利用した宿泊エリアは、自然を楽しみながら食事ができるのが大きな魅力。予約をすれば手ぶらでバーベキューができるとあって、初心者や家族連れに人気です。宿泊施設はテントのほか、冷暖房付きのログキャビンや、キッチン・シャワー・トイレ付きのトレーラーコテージなど、数種類の宿泊施設を用意。最初はログキャビンやトレーラーコテージから始めて、慣れてきたらテントに泊まる、そんな少し通な遊び方も楽しめそうです。

朝から歩き回って、そろそろ疲れも出てきたころ。温泉でひと休みとしましょう。キャンプ場と同じ「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」内にある「さがみ湖温泉 うるり」では、敷地内から湧出するアルカリ性の源泉を利用した岩風呂や、血行促進効果のある炭酸ガスを含んだ炭酸泉など、複数の温泉が楽しめる日帰り温浴施設。なかでも露天風呂は、相模湖畔の森林やハイキングコースで有名な石老山を望めることで人気です。大自然を眺めながらゆっくりと湯に浸かっていると、体の疲れだけでなく心まで洗われたような気分になりました。

13:00

  • オギノパン本社工場直売店
  • オギノパン本社工場直売店
オギノパン本社工場直売店
神奈川県相模原市緑区長竹2841
営業時間:9:30~18:30
定休日:無休

14:00

  • パディントンベア・キャンプグラウンド
  • パディントンベア・キャンプグラウンド
パディントンベア・キャンプグラウンド
神奈川県相模原市緑区若柳1634
営業時間:9:00~18:00 ※日程により異なる
定休日:水・木曜
料金:17300円~ ※宿泊施設、日程、人数により異なる、定員以上での利用不可。
※付属デッキでバーベキューを行えない施設も一部あり。
※GW、7〜8月、土曜・祝前日は日帰りでの利用不可。詳細は要問い合わせ。

15:00

  • さがみ湖温泉 うるり
  • さがみ湖温泉 うるり
さがみ湖温泉 うるり
神奈川県相模原市緑区若柳1634
営業時間:月~金曜 11:00~21:00、土・日曜・祝日 10:00~22:00
料金:展望風呂:月~金曜 大人1000円、小人550円、土・日曜・祝日・繁忙期 大人1080円、小人600円
Night

名物料理に買い物、芸術鑑賞
相模原市緑区の夜を満喫!

日が暮れ始め、だんだん辺りが暗くなってきました。夜は地元名物の鮎料理をいただきに行きましょう。昔から鮎釣りの名所として知られる相模川。その川沿いにある「川魚料理 やまもと」は、1961年(昭和36年)に遊船などの川遊びと、川魚料理を楽しめる店として創業した老舗店です。今日は鮎の甘露煮、塩焼き、天ぷらの3品がセットになった「鮎の3000円コース」(税別)をいただきます。まずは塩焼きをパクリ。丁寧に下処理がされた鮎は川魚独特の臭みや苦味がなく、あっさりとした食べやすい口当たりです。お次は、鮎の甘露煮をいただきましょう。骨が柔らかくなるほどじっくりと煮た鮎にしょうゆと酒、砂糖を使った甘口のたれがからみ、どんどんご飯が進みます。お腹がいっぱいになり、ふと窓の外を見るとサラサラと流れる相模川が目に入ります。街なかでは味わえないようなゆったりとした雰囲気に、お腹だけでなく心も満たされました。

自然やレジャー、そしておいしいご飯……。神奈川県相模原市緑区での充実した一日を終え、朝と同じ橋本駅に戻ってきました。仕事や学校帰りの人々が行き交う夕方の橋本駅前で、とくににぎわっているのがJR橋本駅北口にある「ミウィ橋本」。地下1階・地上1~5階の6フロアに食料品や衣料品などのショップやレストランが入り、夕食の準備や買い物に来る人がひっきりなしに訪れています。エスカレーターで5階まで上って行くと、ガラス張りの広場に到着。「インナーガーデン」という名のこの広場は、5階から8階までの吹き抜けになった空間にテーブルやベンチが並び、誰もが自由に使うことができます。今日も買い物の合間にひと休みしたり、食事の後に語りあったり思い思いの時間を過ごす人たちの姿がありました。ほかにも、6階から8階には20時まで開館している市立図書館や、音楽や演劇鑑賞ができる「杜のホールはしもと」が入り、買い物だけでなく趣味の時間を過ごすことも可能。仕事や学校帰りに駅で待ち合わせて買い物や食事を楽しみ、ホールでのんびり音楽鑑賞、そんな充実したアフター5が過ごせます。

神奈川県相模原市緑区で一日を過ごして改めて感じたのが、山や湖、河川など自然の豊かさ。津久井湖を望む公園から、森の中でのキャンプやバーベキュー、川沿いの料理店まで……。神奈川県相模原市緑区は、日々の暮らしの中で癒やしを感じられるスポットにあふれていました。

17:00

  • 川魚料理 やまもと
  • 川魚料理 やまもと
川魚料理 やまもと
神奈川県相模原市緑区大島3829
営業時間:11:00~20:00(要予約)
定休日:木曜

19:00

  • ミウィ橋本
  • ミウィ橋本
ミウィ橋本
神奈川県相模原市緑区橋本3-28-1
営業時間:地下1階~4階 食料品・ショップ・サービス・カフェ 10:00~21:00、5階レストラン11:00~23:00(最終入店22:00)
定休日:不定休(年2回程度)
Information

神奈川県相模原市緑区の暮らし情報

交通
電車はJR横浜線・相模線、京王相模原線が通る橋本駅のほか、JR中央本線が通る相模湖駅と藤野駅が利用可能。中央自動車道やさがみ縦貫道路などが整備され、車での移動も便利です。また、大沢地区のコミュニティバス「せせらぎ号」や、相模湖地区の「内郷地区乗合タクシー」など、高齢者等移動制約者向けのサービスも整っています。
買い物・散歩
橋本駅前は「イオン橋本」「ミウィ橋本」「アリオ橋本」など、大型商業施設が充実しています。陣馬山や相模湖、津久井湖周辺には複数のハイキングコースが整備され、ツツジやあじさい、紅葉など、季節の自然を感じながら散歩を楽しむことができます。
医療・健康
橋本駅前にある「相模原協同病院」や中野の「相模原赤十字病院」など、区内に複数の総合病院があります。
また、自然の中でのウォーキング運動「健康ウォーク」や駅伝大会などを開催。区をあげて健康促進に取り組んでいます。
子育て・教育
「子育て広場 緑のおうち」は0歳から3歳の子どもとその保護者を対象に、おもちゃや絵本で自由に遊べる遊び場を開放。子育てに関する相談の受付けや専門家による講習会などのサービスも充実しています。また、「相模川ビレッジ若あゆ」や「ふじの体験の森やませみ」など、自然をいかした体験学習ができる宿泊施設も多く、市内の小中学校や青少年団体の学びの場として活用されています。
コミュニティ
区内の6つの地区にそれぞれ「まちづくりセンター」を設置し、住民が地域課題について自主的に話し合うための会議を定期的に開いています。また、橋本地区にある「アートラボはしもと」では、美術系大学と連携してワークショップを開催。アートを通して住民同士の交流やまちづくりに取り組んでいます。
イベント・行事
毎年春には区内各地域で桜まつりを開催。ステージイベントやお囃子、太鼓の演奏のほか、桜の木のライトアップもされ毎年多くの人々が訪れます。夏には相模湖湖畔で「さがみ湖湖上祭花火大会」が開催され、湖面に光が映し出される幻想的な光景が楽しめます。

アットホーム 新築マンションPLEASEの住みタイム 神奈川県相模原市緑区のページです。神奈川県相模原市緑区の街を網羅した豊富な街情報をビジュアル重視のページでわかりやすくご紹介します。アットホーム 新築マンションPLEASEでは、ひとり暮らしやDINKS向けのコンパクトマンションからファミリーにおすすめな大規模マンション、おしゃれな高級マンション、タワー・低層マンションなど幅広い物件情報を掲載しています。神奈川県相模原市緑区で人気の新築分譲マンションをお探しの方は、こまめに物件の情報をチェックすることをおすすめいたします。新しいマンションの情報をいち早く受け取りたい方は、新着お知らせメールをご登録ください。アットホーム 新築マンションPLEASEはあなたの物件探しをサポートいたします。