• 外観完成予想図(遠景)
    外観完成予想図(遠景)
  • 外観完成予想図
    外観完成予想図
  • エントランス外観完成予想図
    エントランス外観完成予想図
  • ラウンジ完成予想図
    ラウンジ完成予想図
  • Sタイプ リビング・ダイニング完成予想図
    Sタイプ リビング・ダイニング完成予想図
  • 港区三田二丁目
  • 「三田」駅徒歩9分
  • 都心の高台

新築マンション

ザ・パークハウス 三田タワー
  • シェアする
    • facebook
    • twitter
三菱地所レジデンス株式会社 
東京都港区三田2丁目31番1他2筆(地番)
都営三田線「三田」駅 徒歩9分
先着順
間取り:
2LDK
   専有面積:
89.18㎡
価格: 1億8390万円

■港区三田二丁目。大江戸線「赤羽橋」駅徒歩7分。
 大使館の緑に寄り添う地に23階タワーレジデンス誕生
■港区の中ほどに位置しながらも、豊かな緑に包まれる高台の地に全111戸・
 2021年3月完成済
■大使館の緑景と暮らす。

  • 豊かな緑・深い静寂に包まれる三田エリア
  • 歴史ある邸宅地としての趣と丘という矜持
  • 5駅6路線利用可能
  • 羽田空港・成田空港へ直結する都営地下鉄浅草線で、空の旅も快適に
  • オンライン相談可
※掲載の外観完成予想図(遠景)は、周辺の空撮・眺望写真、地形図データ等を基に、現地より南西へ約230m離れた高さ約38mのポイントから望めると想定して描いた眺望CGに、計画段階の図面を基に描き起こした完成予想図を合成したもので、実際とは異なります。 雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。
※掲載の外観完成予想図・エントランス完成予想図は、計画段階の図面を基に描き起こした完成予想図を合成したもので、実際とは異なります。 雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。
※植栽は植栽計画図を基に描き起こしたもので、 特定の季節や入居時期を想定して描いたものではありません。また実際とは多少、異なります。
※掲載のラウンジ完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。誘導灯・非常灯・スピーカー等再現されていない設備機器等がございます。また、家具・照明器具・調度品等は、実際に設置されるものと異なる場合があります。植栽は植栽計画図を基に描き起こしたもので、 特定の季節や入居時期を想定して描いたものではありません。また実際とは多少、異なります。なお、隣接建物等は簡略化しております。
購入申込み受付中。ただいま資料請求受付中!
  • 公開
  • 資料配布
  • モデルルーム
  • 販売開始
  • 竣工
  • 完売
  • 2019年2月21日
  • 受付中
  • 未定
  • 申込み受付中
  • 2021年3月
三田二丁目の環境
港区の中ほどに位置しながらも豊かな緑、深い静寂に包まれる地。
港区の中ほどに位置しながらも豊かな緑、深い静寂に包まれる地。
<外観完成予想図(遠景)>
深緑と都市、静寂と躍動。
ふたつの相反する魅力を叶える場所。
深緑と都市、静寂と躍動。
ふたつの相反する魅力を叶える場所。
<エリア概念図>
港区の中ほどに位置しながらも豊かな緑・深い静寂に包まれる三田エリア。
しかし傍らには麻布十番、六本木、虎ノ門など都市の煌びやかさを感じさせるエリアも身近に控える。
※再開発促進エリアとは、港区HP「地区計画・市街地再開発事業」における
「地区計画や市街地再開発事業等の都市計画に定められた地区の一覧」に記載されている
[ 再開発促進地域 ]および「都市再生地域」に指定される「竹芝・日の出・芝浦埠頭地区」、「東京都心・臨海地区」、「品川駅・田町駅周辺地区」、「芝浦港南・田町駅東地区」等を概念化したものです。
静寂なる高台の上。
文教地区×住居地域に建つタワーレジデンス。
静寂なる高台の上。
文教地区×住居地域に建つタワーレジデンス。
<高低差概念イラスト>
ひと言に都心といえども、そこには様々な場所がある。華やぎにあふれたところもあれば、深く落ち着いたところもある。
ここは都心の奥深く、街の喧騒が届かない、安らぎの地。豊かな緑と居並ぶ邸宅が、趣きある風景をつくっている。
静寂なる高台の上、そこに都心の贅なる価値がある。
※地形図を基に描き起こしたもので、方角、距離、建物の大きさ・位置等は実際と異なります。建物等は簡略化しております。
<現地眺望写真/現地23階相当より西方向を2018年9月に撮影したものにCG加工を施したもので、実際とは異なります。>
丘という矜持を。
丘という矜持を。
三田は、三田台町といった地名などに表されているように、「三田台」と呼ばれる南北に伸びる台地に位置する丘陵の地。周囲からは古墳も発掘されているほど、人々が古くから集住の地として選んできたと言える場所。
江戸時代には、大名屋敷となり、近代に至っては華族や政財界の名士達に求められた丘の邸宅地。
緑豊かな静穏に、味わい深い坂道の風情。この丘には、かつての先人達も魅了した矜持がある。
<現地周辺の街並み/綱坂(約240m・徒歩3分)>
慶応義塾大学に代表される文教地区という静穏。
慶応義塾大学に代表される文教地区という静穏。
文教地区は、都市計画法で定められた特別用途地域のひとつで、大学などの教育機関や図書館、美術館などの文化的施設が集積した地区を対象にして指定されます。文教地区は、教育や研究、文化活動をする上で、環境を害する可能性がある施設の建設が制限されるため良好な住環境が保たれることに繋がります。三田は、慶應義塾大学やその附属校、三田高等学校など教育施設が多く集積する場所。キャンパスの開放感と豊かな緑、そして法令に守られた住環境がこの地ならではの静穏を形成しています。
<慶應義塾大学(約300m・徒歩4分)>
港区の住居地域に建つタワーレジデンスという価値
港区の住居地域に建つタワーレジデンスという価値
第一種文教地域として指定されている「ザ・パークハウス 三田タワー」の建設地は、同時に第一種住居地域に指定されている立地でもあります。そして、少し足を伸ばせば風致地区に指定されている芝公園の広大な緑が広がる場所。文教地区であり住居地域の穏やかな環境に築くタワーレジデンスであるということ。それこそが、都心にはない都心にある価値のひとつの答えと言えるのではないでしょうか。
<現地周辺の風景(約40m・徒歩1分)>
<左:現地周辺の街並み(約450m・徒歩6分)、右:芝公園(約610m・徒歩8分)>
土地の歴史
大名屋敷、華族や政財界の邸宅が連なった丘の真髄。
大名屋敷、華族や政財界の邸宅が連なった丘の真髄。
<現地周辺航空写真>
江戸、明治、大正、昭和のなかで歴史と深く関わってきた、三田。
蜂須賀正氏や松方正義などの貴族や政治家たちが行き交い、ときにはここで時代がつくられることもあった。
洋館や大使館が並ぶこの地の大樹達は、その歴史をずっと見守ってきている。
平安時代からその端緒が伝えられる三田という地名。
平安時代からその端緒が伝えられる三田という地名。
「三田」という地名は、「御田郷」の名に由来すると言われています。
平安時代の承平5年(935年)頃の文献に「武蔵国荏原郡郷“御田”」と記されており、
皇室に年貢を奉るための地ということから「御田」になったと一説に伝えられています。
その後「御田」から「三田」に改めた経緯は定かではありませんが、戦国時代には「三田」という漢字が使われていたとされ、その後、昭和42年(1967年)に周辺の町丁と合併された際に現在の「三田」となりました。
また、「旧三田綱町」、「綱坂」、「綱の手引坂」。この界隈に綱という文字が使われているのは、羅生門の鬼退治の逸話で知られる平安時代の武将、渡辺綱の名に由縁するものとされています。地名や由来に歴史を感じるものが多いことも、この地の豊かさを物語っていると言えるでしょう。
※出典・参考文献:港区ホームページより
<現地周辺の街並み/綱の手引坂(約200m・徒歩3分)>
大名屋敷が軒を連ねた丘の邸宅という系譜。
大名屋敷が軒を連ねた丘の邸宅という系譜。
<左:三田の風景(文久3年(1863年)頃撮)。右:江戸名所百景月の岬(歌川広重作)>
三田の地は、風光明媚な場所として知られ、特に月見の景勝地として「月の岬」と称されるほどでした。
江戸時代以降、徳川家の菩提寺である増上寺が芝に移転されると、この周辺には、多くの奉行所や武家屋敷が築かれ、芝に近い高台の地であった三田の界隈には、松平家や有馬家、細川家など多くの大名屋敷が軒を連ねました。
※写真左: イギリス人写真家フェリックス・ベアトが撮影した幕末の三田の風景(文久3年(1863年)頃撮)。
右側の長屋/伊予松山藩松平家中屋敷(坂下は現在の慶應義塾大学、坂上はイタリア大使館)。
左側の建物/陸奥会津藩松平家下屋敷(現在の綱町三井倶楽部の一部)。
出典:長崎大学附属図書館

※写真右:江戸名所百景 月の岬(歌川広重作)
出典:国立国会図書館
「宰相街」と呼ばれるほど政財界の人物が居を構えた三田。
「宰相街」と呼ばれるほど政財界の人物が居を構えた三田。
<三田・芝界隈に居を構えた著名人の邸宅跡概念図(幕末〜昭和期)>
江戸時代に大名屋敷が軒を連ねた三田界隈は、明治以降になると華族や政財界の邸宅が集まる街へ。
特に三田から芝の界隈は、伊藤博文や桂太郎、松方正義など多くの首相経験者が居を構えた事で「宰相街」と称されるほど政財界の名士達が住まう邸宅街となりました。
時代が代わり近現代に移ると、かつての邸宅は、区画の大きさから教育施設や各国の大使館などへと代わっていきました。歴代の邸宅の主たちも、美しい景観に魅了されていたことでしょう。そして現在でも三田の街には、その往時の面影が色濃く残っています。
※掲載の環境写真は、2018年10月〜12月に撮影したものです。
※環境写真の表示距離は、現地からの地図上の概算です。徒歩分数は、80mを1分として算出(端数切り上げ)したものです。
※掲載の現地周辺航空写真は、2018年10月に撮影したものにCG加工を施したもので、実際とは異なります。
※現地の位置を表現した光は、建物の規模や高さを示すものではありません。
デザイン
緑に抱かれながら、モダンな姿を纏った美しいタワーレジデンスとしての佇まい。
緑に抱かれながら、モダンな姿を纏った美しいタワーレジデンスとしての佇まい。
<外観完成予想図>
都心のなかに、心惹かれるエリアがある。 いつも見えているのに、あまり知らない場所。
たどり着いてみると、緑に抱かれながら モダンな姿を纏った美しいレジデンスが佇んでいる。
都心とは思えないほどの緑量のなかで その優美なる存在は、上質なる日々の象徴となる。
柔らかに、大らかに迎え入れる。
柔らかに、大らかに迎え入れる。
<エントランス外観完成予想図>
ここに、緑に擁される邸宅。
ここに、緑に擁される邸宅。
<外観完成予想図>
モダンな印象のファザード、透明感あるガラスの手摺り。空へと溶け込むような姿で屹立する、美しきレジデンス。
デザインを手がけたのは、都心邸宅を多く手がけるアーキサイトメビウス。
ここにまた、ひとつの傑作が生まれた。
緑に抱かれながら、モダンな姿を纏った美しいタワーレジデンスとしての佇まい。
緑に抱かれながら、モダンな姿を纏った美しいタワーレジデンスとしての佇まい。
<1階平面イメージイラスト>
周辺の木々と呼応するように、豊かな緑が茂る敷地。
約65%の空地率は「マンション建替法に基づく容積率の緩和制度」が適用されたからこそ実現したもの。
「坂上の辻の森」をコンセプトに、この住まいは季節の美しさに包まれる。
※空地率=(敷地面積-建築面積)÷敷地面積×100
<ラウンジ完成予想図>
坂上の辻の森となる敷地内には、
三田らしさが息づいている。
坂上の辻の森となる敷地内には、
三田らしさが息づいている。
「ザ・パークハウス 三田タワー」の敷地は3つのコンセプトからできている。ひとつは「緑の辻」。イタリア大使館の森など、周辺の緑あふれる景観と繋がりながら、ここが海辺の丘であることを想起させる植生を大切にした。もうひとつは「坂の辻」。丘上であることを感じさせる立体的な空間をつくり、水辺、坂道、海をイメージさせる景観要素を配した。そして「時の辻」。敷地の中心には、この地にある歴史に通じる趣と現代の都心らしさを併せもったモダンなデザインの建物がある。これら、この土地に由来する魅力がひとつに溶け合う“辻”としての個性を活かして、「ザ・パークハウス 三田タワー」は三田にこそふさわしいレジデンスとなる。
<コンセプト概念図/空撮画像出典:国土地理院ホームページ 電子国土WEBより>
<外観俯瞰完成予想図>
株式会社タウンスケープ研究所
株式会社タウンスケープ研究所
「身近な場の価値を再発見する」「緑の力を顕在化する」「新たなランドスケープの地平を広げる」という三つの視座を大切にし、本質的な場の魅力や価値を尊重し、最大限に活かすことに重点を置いた、判り易いデザインを心掛けている。
※掲載の外観完成予想図・エントランス完成予想図は、計画段階の図面を基に描き起こした完成予想図を合成したもので、実際とは異なります。 雨樋、エアコン室外機、給湯器、TVアンテナ等再現されていない設備機器等がございます。
※植栽は植栽計画図を基に描き起こしたもので、 特定の季節や入居時期を想定して描いたものではありません。また実際とは多少、異なります。
※掲載の1階平面イメージイラストは、図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。排水桝、グレーチング等再現されていない設備機器等がございます。植栽は植栽計画図を基に描き起こしたもので、 特定の季節や入居時期を想定して描いたものではありません。また実際とは異なります。
※掲載の外壁主要部・共用部に使用されるマテリアル写真(2019年2月撮影)の色合い等は、デジタル画像のため実際とは多少異なります。また、採用素材は施工上の都合により変更になる場合があります。
※掲載のラウンジ完成予想図は図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なります。誘導灯・非常灯・スピーカー等再現されていない設備機器等がございます。また、家具・照明器具・調度品等は、実際に設置されるものと異なる場合があります。植栽は植栽計画図を基に描き起こしたもので、 特定の季節や入居時期を想定して描いたものではありません。また実際とは多少、異なります。なお、隣接建物等は簡略化しております。
購入申込み受付中。ただいま資料請求受付中!
  • 公開
  • 資料配布
  • モデルルーム
  • 販売開始
  • 竣工
  • 完売
  • 2019年2月21日
  • 受付中
  • 未定
  • 申込み受付中
  • 2021年3月

モデルルーム・イベント情報

モデルルーム公開終了/個別相談会開催中(完全予約制)
無料オンライン相談
STAYHOMEしながらの、あたらしい住まい探し。

■オンライン相談とは?
三菱地所レジデンスの無料オンライン相談では、実際に対面せずにお客様のご質問にお答えする無料オンライン相談を導入しております。
ご都合が合わない方、遠方にお住まいの方等、対面でのご来場が難しいお客様にも、実際のモデルルームと同じように様々な資料をお見せしながら、わかりやすくご説明いたします。

■オンライン相談のメリット
・ご自宅からスキマ時間で簡単に利用できる。
・ご夫婦やご家族で一緒に利用できて安心。
・物件担当者が資料やデジタルコンテンツでわかりやすくご説明。
・遠方にお住まいの方でも移動時間不要でご相談可能。
・まずはオンラインで気軽にご相談。

■デジタルコンテンツでよりわかりやすく
お客様の物件理解やご入居いただく場合のイメージをより持っていただくため、動画やVRモデルルームなどのデジタルコンテンツをはじめ実際に物件紹介の際に利用する図面などの資料も使用してご紹介。お客様がご自宅でご検討いただきやすいよう最大限工夫してご案内いたします。
※ご覧いただけるコンテンツの内容は、物件によって異なります。また一部の物件ではVRコンテンツを用意していない場合がございます。

※詳しくは物件公式サイトをご覧ください。
高輪ゲートウェイマンションギャラリー「ザ・パークハウス 三田タワー」
電話:0120-320-856
営業時間:平日11:00~17:00 土日祝10:00~17:00 定休日/火曜・水曜・木曜(祝日除く)

■新型コロナウイルスの影響により来場予約およびモデルルームの運営状況が通常と異なる場合がございます。
詳しくはモデルルームまでお問い合わせ、もしくは物件公式サイトをご覧ください。
※お問い合わせの際は、「アットホーム 新築マンションPLEASE」または「アットホーム」を見て、とお伝えいただくとスムーズです。
地図内アイコンの説明
現地
モデルルーム
現地モデルルーム

※情報の更新タイミングにより、地図上に表示されるマンションやモデルルームの位置情報が最新ではない場合がございます。

購入申込み受付中。ただいま資料請求受付中!
  • 公開
  • 資料配布
  • モデルルーム
  • 販売開始
  • 竣工
  • 完売
  • 2019年2月21日
  • 受付中
  • 未定
  • 申込み受付中
  • 2021年3月

CLOSE

高輪ゲートウェイマンションギャラリー「ザ・パークハウス 三田タワー」
無料でご利用いただけるお問い合わせ専用の電話番号を発行いたしました。
(お客様の電話番号は不動産会社には通知されません。)
無料通話
電話番号を確認しております
無料通話
無料通話サービスが
大変に混み合っております。
  • ・発信後、ガイダンスに従い通話をご利用ください。
  • ・電話番号発行後、発信せず15分が経過した場合は番号が無効となります。
    ただし、一度発信しますと、180分まで利用が可能です。
  • ※時間が経過し番号が無効になった場合は「番号再発行」ボタンをクリックしご利用いただくか
    再度、物件ページ内の「電話でお問い合わせ」ボタンをクリックし、新しい番号を発行しご利用ください。
  • ※電話がつながらない場合もございます。
    その際は、物件ページ内の「お問い合わせ先」の電話番号へ直接ご連絡くださいますようお願いいたします。
  • ・お手数をおかけいたしますが、しばらくしてから再度、
    物件ページ内の「電話でお問い合わせ」ボタンをクリックし、ご利用いただくか、
    もしくは、物件ページ(物件概要)内にあります「お問い合わせ先」の番号へ
    直接ご連絡くださいますようお願いいたします。

CLOSE